愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

旧大野銀行(大野宿鳳来館)土蔵(きゅうおおのぎんこう(おおのしゅくほうらいかん)どぞう)

分類 国登録
種別 建造物
所在地 新城市大野字上野17-2
所有者等 株式会社スエヒロ産業
指定(登録)年 平成21年(2009年)
時代 明治中期

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■登録理由

本館の西側に位置する。桁行7.3m梁間3.6mで、切妻造平入桟瓦葺とする2階建の土蔵。1階は下見板張、2階は白漆喰仕上げとし、2階の窓には木製庇を付ける。鉄扉や黒漆喰を用いた掛子塗の扉などの建具も残す。地域の発展を支えた銀行の付属施設。

登録の基準 国土の歴史的景観に寄与しているもの

■詳細解説

2階内部

2階内部

旧大野銀行(大野宿鳳来館)本館、土蔵の所在する新城市大野は、秋葉山と鳳来寺山を結ぶ街道と、豊橋から飯田へ至る、後に別所街道とよばれる街道とが交差する交通の要所である。特に、製材業や養蚕業を中心に栄え、地元実業家らの出資により、明治29年(1896)、東三河最初の民間銀行を設立させた。これが大野銀行であり、本店に続いて、新城、豊橋、田原、豊川、牛久保、国府に支店を広げ、大正時代には赤羽根銀行を買収して、東三河全域を営業圏内とした。
大野銀行は、元郵便局があった場所に洋風木造2階建を建て本店としていたが、大正14年(1925)鉄筋コンクリート造で建て替えた。棟札から設計・施工は志水正太郎(志水建築業務店)であり、国の登録文化財である岡崎信用金庫資料館(大正6年(1917))、名古屋陶磁器会館(昭和7年(1932))など多くの近代建築を手がけている。
土蔵は、本館の西側に建つ。銀行の重要書類等を保管する土蔵と考えられる。土蔵造2階建、切妻造平入桟瓦葺で、初代本店社屋と同時に建築されたと考えられる。1階は下見板張、2階は白漆喰仕上げ、2階の窓に木製庇を付けている。

前へ戻る