愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

錫杖(しゃくじょう)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 岡崎市滝町
所有者等 瀧山寺
指定(登録)年 昭和33年(1958)
時代 鎌倉及び室町

(大)長さ108.5㎝(柄共)
(小)長さ92.8㎝(〃)
鈎に屈曲を作り、屈曲部に仰月形をつけ、項に宝珠、中央に宝塔形を飾ったもので、その塔中には仏像を鋳出している。錫杖として完備した姿であるばかりではなく、その巨大なこともまれに見るところである。2柄の中では小形のものが古くて鎌倉時代、大形のものはそれを模した室町時代の作と思われる。

前へ戻る