愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

堆烏・長方形の蓋(ついうちょうほうけいのふた)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市中区
所有者等 總見寺
指定(登録)年 昭和43年(1968)
時代 -

縦24.7㎝ 横14.2㎝
長方形の箱の蓋と考えられ、全体に彫漆の技法で屈輪文を表す。堆烏または堆黒と呼ばれる技法は、木胎に漆を何層にも塗り重ねて、表面を黒漆塗とし、これに彫文様を表す技法で、中国で行われた彫漆の一種の和名である。漆の層に朱の線がみられ、黒漆と朱漆とを塗り重ねたことがわかる。
本品は総体に品格が高い、屈輪文彫漆の秀作である。

前へ戻る