愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

古箙(こえびら)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和43年(1968)
時代 室町
古箙

古箙

総高29.5㎝ 方立背面高11㎝ 方立上幅12.8㎝ 下幅10.0㎝ 脚高0.9㎝
箙は矢を入れる道具で、腰に負うものである。楊柳を箱型に指し合わせて方立とし、総体に透漆をかけている。端手から肩・細り・高頭にかけて籐で巻き詰め、中縫苧は防巳蔓(つづらふじ)で組み飾る。方立の正面には觘目(ぬため)の角に刻んだ蜻蛉(勝虫)を、左右の脇板には双稲丸紋を据える。筬竹(おさだけ)には4隻づつ斜めに雁行して4行、16隻の矢を挿した跡が認められる。
室町期製作にかかる優品である。

前へ戻る