愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

脇差 銘 表 吉光 裏 亀王丸(蜘蛛切丸と伝承)
(わきざしめいおもてよしみつうらきおうまるくもきりまるとでんしょう)

分類 県指定
種別 工芸
所在地 名古屋市熱田区
所有者等 熱田神宮
指定(登録)年 昭和55年(1980)
時代 鎌倉
脇差 銘 表 吉光 裏 亀王丸(蜘蛛切丸と伝承)

脇差 銘 表 吉光 裏 亀王丸(蜘蛛切丸と伝承)

長さ32.6㎝ 反りなし 元幅1.9cm
吉光と銘を切る刀工は数多い。山城のほか、三河、大和、土佐、讃岐、備前、筑豊、薩摩等に広くみられる。この刀の作者は鍛え、銘振り等の点から、粟田口国吉の弟子、藤四郎吉光とみることができる。吉光は鎌倉中期(13世紀末)の刀匠で、五郎正宗、江(郷)義弘と並び「天下三作」と称された名工である。彼の鍛えた長尺の刀は、「一期一振」と言われている太刀1口と薙刀2振(骨喰藤四郎、鯰尾藤四郎)のみで、他はすべて短刀か剣である。
『張州雑志』には、織田信長が神宮へ奉納したとあり、『古刀銘盡大全』に熱田神宮の宝劔「蜘切」とあるのがこの脇指であろう。
蜘蛛切丸は、源家重代の名剣と同号であるが、本作の製作年代から、同号別伝の1口とみられる。

前へ戻る