愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

太刀〈銘真守〉(たちめいさねもり)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 津島市神明町
所有者等 津島神社
指定(登録)年 大正9年(1920)
時代 鎌倉
太刀〈銘真守〉

太刀〈銘真守〉

長さ83㎝ 反り3.1㎝ 元幅3.1㎝
鎬造、庵棟、長寸で腰反りは高く踏張があり、鍛えは板目肌立ちごころに地沸つき黒づみ、丁子映りが立つ。刃文は小乱れ、丁子が交り総体に小沸がつく。帽子は直ぐにわずかに返る。
茎は生ぶ、目釘孔1個で古作ながら製作当時に近い姿を残し貴重である。
作者は伯耆国大原の真守で、かの有名な安綱の子と言われている。

前へ戻る