愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

短刀〈朱銘志津/光徳(花押)〉(たんとうしゅめいしづみつのりかおう)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 碧南市鶴見町
所有者等 個人
指定(登録)年 昭和14年(1939)
時代 南北朝

長さ25.3㎝ 内反り 元幅2.2㎝ 目釘孔1個
平造、三ツ棟、内反りやや細身。鍛えは板目流れて柾気交じり地沸厚く地斑、地景が入る。刃文は小のたれ乱れに大互の目を交え、足を小沸深に入れ葉、金筋が入る。帽子は乱れて地蔵ごころに返り棟焼にかかる。茎は生ぶ。
桃山期の鑑定家本阿弥光徳が志津(美濃国初代兼氏)と極めた短刀。朱銘は現状ほとんど剥落しているが、『光悦名物刀記』『享保名物牒』所載の名物「稲葉志津」で、一見「日向正宗」に紛れる出来。名号の由来は美濃清水城主稲葉一鉄の孫、稲葉蔵人道通の所用による。その後、家康をへて黒田家に伝来されていたものである。

前へ戻る