愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

刀〈無銘来国光〉(かたなむめいらいくにみつ)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 碧南市鶴見町
所有者等 個人
指定(登録)年 昭和35年(1960)
時代 鎌倉

長さ69.6㎝ 反り1.5㎝ 元幅2.8㎝ 目釘孔2個
鎬造、庵棟。鍛えは小板目で、肌よくつみ、地沸つき、地斑まじる。刃文は中直刃調。刃中に小足・葉さかんに入る。帽子は直ぐに先小丸、茎は大磨上、先切。
無銘ながら作者は、来国次と並ぶ鎌倉末期の山城国来派の代表工来国光とされる。
来派は、一般に直刃を得意とするが、来国光には相当乱れた出来があり、太刀姿にも大振り豪壮なものと細身尋常なものとがある。
この刀は、大磨上ながら前者に属し、直刃出来の典型で、健全なものである。
大徳川家(将軍家)伝来の1口である。

前へ戻る