愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

梵鐘(ぼんしょう)

分類 国・重要文化財
種別 工芸
所在地 美浜町野間
所有者等 大御堂寺
指定(登録)年 昭和36年(1961)
時代 鎌倉
楚鐘

梵鐘

総高86.4㎝ 竜頭高14.8㎝ 笠高4.8㎝ 胴高66.6㎝ 口径47.2㎝口厚4.3㎝ 撞座径8.2㎝
鋳鋼製。丈長の引締った形の鐘で、竜頭は形つよく、宝球を大きくつくり、笠形は周囲をなだらかに操って、胴は上帯、下帯共に素文、乳は4段4列に配し、池の間の一区に銘文を刻んでいる。
「敬白奉治鋳撞鐘一  右先妣幽霊……(中略)………  建長二禾大歳庚戌十一月十九日大工藤原?延  大勧進沙弥区佛」
縦横の紐は、細く鋭く、撞座は小形で、簡素ながら形よく鋳上げられている。
鎌倉建長2年(1250)、藤原光延の作である。

前へ戻る