愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

岩津第一号古墳出土品(いわづだいいちごうこふんしゅつどひん)

分類 県指定
種別 考古資料
所在地 岡崎市朝日町(岡崎市郷土資料館)
所有者等 岡崎市
指定(登録)年 昭和42年(1967年)
時代 古墳
岩津第一号古墳出土品

岩津第一号古墳出土品

本古墳は岡崎市北部、矢作川東岸丘陵下部にある河岸段丘南西端の標高38mに位置する円墳で、規模は、推定で直径18m、高さは2m強である。昭和36年の発掘調査の結果、全長10mの複室構造(後室・前室・羨道の三室)をもつ横穴式石室から多くの副葬品がみつかった。中世に撹乱を受けていたものの検出された遺物は、次のとおりである。
装飾付須惠器11個を含む須恵器27個、変形四獣鏡1面、環頭太刀柄頭1個、勾玉2個、切子玉6個、金環5個、鉄鏃40本以上、直刀残欠、轡残欠、土師器片3、他に中世遺物がある。これらのうち、特に装飾付須恵器が優秀で、水鳥の蓋の付いた総高36.6㎝の鳥鈕蓋付台付装飾壺や高さ33.6㎝の台付四連壺、総高40.5㎝のあけび形鈕付台付装飾壺など焼成良好なものが目に付く。出土の須恵器は、6世紀から7世紀に渡る時期のもので、追葬などが行われたことを示している。
また環頭太刀の柄頭は、環の中央に三葉文を鋳出したもので銅地に鍍銀された国内では類例の少ないものである。遺物は後室と前室で出土しているが、須恵器の大半は前室内で検出された。

前へ戻る