愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

弥生式壺形土器(岩倉市大地遺跡出土)(やよいしきつぼがたどき いわくらしだいちいせきしゅつど)

分類 県指定
種別 考古資料
所在地 名古屋市瑞穂区(名古屋市博物館)
所有者等 名古屋市
指定(登録)年 昭和45年(1970年)
時代 弥生
弥生式壺形土器

弥生式壺形土器

岩倉市大地遺跡から昭和22年(1947)に出土した黒褐色の壺形土器で、高さ17.0cm、最大口径18.2cmを測る。土器の表面は全体によく研磨されており、黒光りしている。この土器の特徴は、口縁の八角形とその内面の八区画された沈線文、頸部外面の弧状沈線文、胴部にみる同じ彫りの深い沈線で描く変形工字文といった縄文土器の伝統文様を残す一方で、大きく開く口縁と引き締まった頸部、削りだしによって張り出す胴部とその文様帯という、弥生土器の整美な器形を示すことにある。
昭和26年、大地遺跡の発掘調査が行われ、この土器と同じ文様の土器片が竪穴住居跡の床面から出土し、同時に検出された条痕文土器片によって弥生時代中期前半のものであることが確認された。この種の土器は、大地式士器と呼ばれ、その分布は尾張北部を中心に飛騨、北陸地方に認められ、東西文化の接触地帯に広がったと考えられている。
弥生文化の浸透と、地域文化の伝統の中で生まれる新たな土器様式の典型例として貴重な資料である。
なお、大地遺跡は昭和29年、県指定史跡に指定された。

前へ戻る