愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

渡辺崋山関係資料(わたなべかざんかんけいしりょう)

分類 国・重要文化財
種別 歴史資料
所在地 田原市田原(田原市博物館)
所有者等 田原市
指定(登録)年 昭和30年(1955)
時代 江戸

紙本著色一掃百態図1冊、渡辺崋山印22顆など32点(渡辺家年譜1冊などを含む)が一括して指定されている。一掃百態図は崋山26歳の時、一日二夜にして成ったと記されており、書きためてあった沢山のスケッチ類から転写構成されたものである。江戸市井の男、女、老人、子ども、武士、町人、百姓、物売りなどすべての身分の人々を描いた風俗画であり、俳画風筆致による動きのある人物群像は味わいがある。崋山は、三河田原家老であり、佐藤一斎に学び、また、蘭学にも通じた。谷文晁に学び、西洋画法もとりいれ、独自の様式を完成させた。

前へ戻る