愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

往生要集(おうじょうようしゅう)

分類 県指定
種別 書跡
所在地 刈谷市元町
所有者等 専光寺
指定(登録)年 昭和30年(1955年)
時代 鎌倉
往生要集

往生要集

縦24.5㎝ 横16㎝
『往生要集』は藤原時代に恵心僧都源信によって作られ、我が国浄土教の起こる典拠となった念仏往生の入門書。写本は長徳2年(996)、承安元年(1171)の古写本が存するが、鎌倉時代に入り、法然によって浄土教が盛大になり、承元4年(1210)、建保4年(1216)、建長5年(1253)などに刊行された版本も伝わる。3巻より成るが、完本は少なく、完全な6冊を存するものは珍しい。

前へ戻る