ページの先頭です
メニューの終端です。
ホーム > 教育委員会 > 総務課 > 英文広報誌(Public Education in Aichi) > 2. Educational Administration

2. Educational Administration 

1. Organization of the Board of Education 教育委員会制度

In Japan, each prefecture and municipality has its own Board of Education to oversee matters related to education. These boards are independent of the governor or mayor and maintain the right to make their own decisions.

Each Board of Education is a representative council (administrative board) made up of the superintendent as well as four part-time members (this number may be more than five for prefectures or ordinance-designated cities, and more than two for towns or villages). The Board deliberates and makes decisions pertaining to educational matters. In order to maintain neutrality, the superintendent as well as each board member are appointed by the governor or mayor, subject to approval by the prefectural or municipal assembly.

The Superintendent of the Board of Education represents the Board and oversees the Board’s affairs. The Secretariat is the organization under the Superintendent’s jurisdiction in charge of handling these affairs.

The main duties of the Board of Education are matters pertaining to the following :

  1. Establishment and management of schools and other educational facilities
  2. Management of educational assets
  3. Appointment, dismissal, and training of personnel at educational institutions
  4. Students entering and withdrawing from school
  5. Formation of a system for organizing classes and dividing school duties within each school, composing the academic curriculum, and handling textbooks and materials
  6. School lunch program
  7. Lifelong learning
  8. Physical education
  9. Protection of cultural properties
  10. Surveys, statistics, and information concerning education; consultation about educational administration

日本では、すべての都道府県と市町村に教育事務を執行する機関として、知事や市町村長から独立して自ら決定権をもつ教育委員会が設置されている。

教育委員会は、教育長及び非常勤の4人の委員(県・市では5人以上、町村では2人以上でも可)で構成される合議制の機関(行政委員会)で、教育に関する重要事項を審議・決定しており、教育長及び各委員は教育の中立性を確保するため、議会の同意を得て知事又は市町村長から任命される。

教育委員会の会務を総理し、教育委員会を代表するものとして教育長が置かれ、この教育長の統括の下に事務の処理を行う組織として事務局が置かれている。

教育委員会の主な所掌事務は次のとおりである。

  1. 学校その他の教育機関の設置、管理に関すること。
  2. 教育財産を管理すること。
  3. 教育機関の職員の任免や研修を行うこと。
  4. 児童生徒の入退学に関すること。
  5. 学校における学級編制や校務分掌などの組織編制、教育課程の編成、教材の取扱いに関する こと。
  6. 学校給食に関すること。
  7. 生涯学習に関すること。
  8. 体育に関すること。
  9. 文化財の保護に関すること。
  10. 教育に関する調査、統計、広報及び教育行政に関する相談に関すること。

Matters pertaining to higher education and private schools are not the responsibility of the Board of Education but of the governor or mayor.

The Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology (MEXT) can provide guidance and advice as well as financing to the Board of Education. The organization of the educational administration, including the relationships between MEXT and the Prefectural and Municipal Boards of Education, is outlined in Chart 1.

また、大学及び私立学校に関することは教育委員会でなく、知事、市町村長が所掌している。

国の機関である文部科学省は、教育委員会に対し、指導、助言又は援助を行うことができる。
 なお、文部科学省と県教育委員会、市町村教育委員会の教育行政組織図は図1のとおりである。

Chart 1: Organization of Educational Administration

図1:教育行政組織図

Organization of Educational Administration (chart1.pdf)

2. Aichi Prefectural Board of Education 愛知県教育委員会

In order to steadily advance policies in the areas of school education, lifelong learning, art, culture, and physical education, the Prefectural Board of Education is divided into 2 departments, 10 divisions, and 3 sections. In addition, there are 5 regional branches, 2 educational facilities, and 176 prefectural schools. The organization of these departments and branches is outlined in Chart 2.

愛知県教育委員会では、学校教育、生涯学習、芸術、文化及び体育、スポーツの各分野にわたる諸施策を着実に前進させるため、事務局に2部10課3室を置き、その他に5の地方機関、2つの教育機関と176の県立学校を有している。その組織は図2のとおりである。

Chart 2: Organization of the Aichi Prefectural Board of Education

図2:愛知県教育委員会の組織

Organization of the Aichi Prefectural Board of Education (chart2.pdf))

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。 同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

Aichi Prefectural Board of Education
Aichi Prefecture