ページの先頭です
メニューの終端です。

Q&A集:児童扶養手当、県遺児手当、特別児童扶養手当

Q1 児童扶養手当とは何ですか?



Q2 県遺児手当とは何ですか?



Q3 特別児童扶養手当とは何ですか?



Q4 所得制限はありますか?


  • A4 いずれの手当も所得制限があり、定時届の時期に市区町村から案内が送付されますが、児童扶養手当と県遺児手当は毎年8月末日までに、特別児童扶養手当は毎年9月10日までに、所得状況の届出が必要です。

    また、各手当とも、受給者・児童・扶養義務者に変動があった場合、届出が必要です。


Q5 手当額は増加したり減少したりすることはありますか?


  • A5 対象児童に増減があった場合、申請・届出により増減します。また、次の場合増減します。

    児童扶養手当は、一定の条件に該当し所定の届出がないと、所得制限での支給停止額のほかに、支給額の一部が支給停止となる場合があります。

    県遺児手当は、対象児童ごとに、3年経過すると支給額が半額になります。

    特別児童扶養手当は、対象児童の障害程度が増悪・軽減した場合も増減します。



お問い合わせ

愛知県 西三河福祉相談センター地域福祉課
指導・介護保険グループ
電話:0564-27-2717(直通)
E-mail: nishimikawa-fukushi@pref.aichi.lg.jp