ページの先頭です
メニューの終端です。

生活保護とは?(西三河福祉相談センター)

生活保護のしくみ


  • 生活保護制度は、日本国憲法第25条の規定により、生活に困っている方々が、人間として生きる最低限の生活を保障され、自立するための援助が受けられるようにつくられた、国民の権利としての制度です。

生活保護の基本原則

  • 1 無差別平等の原則

    すべての国民は、この制度による保護を、無差別平等に受けることができます。

    2 最低生活の原則

    この制度で保障される最低生活とは、健康で文化的な生活水準を維持することが出来る生活です。
  • 3 補足性の原則

    住民の皆さんが保護を受けるために守っていただく最小限の要件です。皆さんが持てる能力に応じ最善の努力をされることが必要です。

    1  能力に応じて就労に努めてください。

    2  年金、手当など他の法律による援助や扶助を受けてください。

    3  最低生活に必要のない自動車、不動産、貴金属など財産、資産のある人はまずそれを処分してください。

    4  親・子・兄弟姉妹・前夫(子どもの父親)などから、できるだけ援助を受けるよう努めてください。

    以上のことは、生活保護を受給してからも同じです。


管轄地域

  • 額田郡幸田町

相談窓口

  • お住まいの町役場福祉担当課


お問い合わせ

愛知県西三河福祉相談センター地域福祉課
福祉・相談グループ
電話: 0564-27-2718(直通)
E-mail: nishimikawa-fukushi@pref.aichi.lg.jp