餅菜(正月菜)

                                     【平成18年9月20日掲載】

 餅菜(正月菜)は、かつて尾張地方の雑煮には欠かせなかった伝統ある野菜です。

写真1 餅菜(正月菜)
写真1 餅菜(正月菜)

餅菜(正月菜)の特徴

 餅菜は、古くから尾張地方で栽培されてきた、コマツナに近い在来の菜類です。尾張地域のスーパーなどでは、年末に多く陳列されますが、ほとんどはコマツナのF1品種です。
 餅菜はコマツナに比べると軟らかく、その食味を求める消費者もあり、尾張地域の一部の農家で栽培されています。一方、コマツナよりも葉の厚みがなく、葉色は薄く、葉柄が細いため、日持ち性が劣ります。

作付前の準備

 種まきの2週間前に、苦土石灰を10m2当たり1kg、基肥として化成肥料を10m2当たり1kg施用します。

第1図 餅菜の作型
第1図 餅菜の作型

種まき

 10月上旬に種をまくと、年末に収穫できます。  種まき前に十分かん水し、10m2当たり15〜20mlの種を、幅90cmの畝に4条のすじ播きにします。その後、薄く覆土して、軽く鎮圧します。

第2図 種まき
第2図 種まき

間引き

 本葉7〜8枚ころまでに間引きを終えて、最終株間を約3cmとします。

追肥

 葉色が薄いなど生育が順調でない場合には、化成肥料を10m2当たり200g程度施します。

トンネル被覆

 気温が特に低い年には、12月にトンネル被覆をすると良いでしょう。


  愛知県のトップページへ戻る     ネット農業あいちのトップページへ戻る
   

  農林水産部農業経営課普及・営農グループ
   メール nogyo-keiei@pref.aichi.lg.jp

Copyright © 2006, Aichi Prefecture. All right reserved.