ジャンルから?地域から?キーワードから?モデルルートから?あいちをまるごと体験!!
あいちの都市・農村交流ガイド
一押し!農と山と海の幸体験モデルルート 一覧にもどる トップページにもどる

TOP > 地域から探す >西三河
地域:
ルート名:<明治用水により拓かれた碧海台地の”今”をたどる>ルート
〜かつて「日本デンマーク」と呼ばれた碧海台地の現在を見るたび〜

ルート
ルート写真 旧東海道「池鯉鮒」の松並木
旧東海道39番目の池鯉鮒宿の面影を残す風景のひとつです。現在、500mにわたり松並木が残っています。ここは馬市が盛大に行われていたところでもあり、その特徴である街道両側の側道も残されています。
(問合先)
・知立市観光協会(知立市役所経済課内)
・〒472-8666 知立市広見3-1
・0566-83-1111(内線211・212)
http://www.city.chiryu.aichi.jp/
車で13分
ルート写真 明治用水(明治川神社から中井筋)
碧海台地の開墾を目指して開削された明治用水は、安城市和泉町出身の「都築弥厚」の計画の下、多くの人々の協力を得て1880年に完成しました。この豊かな水と、山崎延吉ら優れた農業指導者とあいまって、農業先進地「日本デンマーク」と呼ばれるまでになりました。
現在では、農業用水機能の他、工業用水・防火用水・親水機能を有し、また、水路上部を緑道や遊歩道・自転車道として開放するなどして地域に親しまれており、平成28年度に「世界かんがい施設遺産」として登録されました。
(問合先)
・明治用水土地改良区 (明治用水会館内)
・〒446-0065安城市大東町22-16
・0566-76-6241
http://midorinet-meiji.jp/
車で21分
ルート写真 都市に広がる集団農地
安城市は、明治用水の通水をきっかけに、多くの新田開発が進むとともに農業経営の多角化を実現し、「日本デンマーク」と呼ばれる農業先進地となりました。
戦後、自動車関連産業の進出により急速に都市化が進む一方で、積極的な農業投資の結果、区画の整った集団的な農地が市内いたるところで見られるようになりました。
現在、都市近郊型農業の先進地として全国的に注目を集めています。
(問合先)
・安城市役所経済環境部農務課農政係
・〒446-8501 安城市桜町18-23
・0566-76-1111(代表) http://www.city.anjo.aichi.jp/soshiki/sangyoshinkoubu/nomu.html
車で7分
ルート写真 安城市デンパーク
デンパークのある安城市は、かつて農業先進地だったことから農業大国デンマークにたとえて「日本デンマーク」と呼ばれました。その歴史をもとに、1997年に花とみどりの公園としてオープンしたのがデンパークです。13.1haの敷地内には、季節を通じて様々な花が咲き誇ります。そのほか、高さ19mのデンマーク風車や、デンマークの街並みが再現された花の大温室フローラルプレイスに加えて、郷土料理や地ビールを味わえるレストランもあります。
営業時間:9:30〜17:00(季節で変動あり)
休日:火曜定休、年末年始12/27〜1/1、1月第3火曜から3日間
入場料:大人600円、小中学生300円、65歳以上480円
駐車場:1,000台収容(無料)
(問合先)
・財団法人安城都市農業振興協会
・〒446-0046安城市赤松町梶1
・0566-92-7111
http://denpark.jp
上にもどる▲
やってみん・たべてみん
体験写真 明治用水歴史資料室
明治用水歴史資料室
1979年、明治用水通水100年を記念して、明治用水会館内に明治用水歴史資料室が開設されました。明治用水に関する歴史的文書、絵図、測量器具等が展示保存されており無料で見学できます。
開館:8:30am〜5:15pm(土日、祝日、年末年始は閉館)
受付:明治用水土地改良区 総務課
(問合先)
・明治用水土地改良区 (明治用水会館内)
・〒446-0065安城市大東町22-16
・0566-76-6241
http://midorinet-meiji.jp/
体験写真 デンパーク手作り体験講座
手作りソーセージ
安城市デンパーク内のクラブハウスでは、定番の手作りソーセージ教室を始め、寄せ植え口座、押し花口座など数々の体験講座が開かれています。また、市民農園の一角にある体験農園では、収穫体験もできます。
ほとんどの教室が要予約となっていますので、事前にお問い合わせください。
(問合先)
・財団法人安城都市農業振興協会
・〒446-0046安城市赤松町梶1
・0566-92-7111
http://denpark.jp
体験写真 デンパークで”地元”を食べよう
安城和牛の焼き肉
@ガーデンレストラン安城和牛の店「花車」:安城和牛(黒毛和牛)や三河ポークが食べられるお店です。
11:00am〜9:00pm、定休日:火曜日(祝日の場合はその翌日)。0566-92-5439
A和食処・郷土料理「ふるさと館」:箱寿司などの郷土料理や、地元の旬のとれたて野菜を使った四季折々の料理が楽しめます。
食事11:00am〜2:30pm、喫茶・甘味9:30am〜4:00pm、定休日:火曜日(祝日の場合はその翌日)。0566-92-7125
(問合先)
・財団法人安城都市農業振興協会
・〒446-0046安城市赤松町梶1
・0566-92-7111 http://denpark.jp
体験写真 史跡八橋かきつばた
史跡八橋かきつばたまつり<無量寿寺>
平安の歌人“在原業平”が、句頭に「かきつばた」の五文字をいれ詠んだ八橋は、伊勢物語の昔から広く知られるカキツバタの名勝地です。3万本の紫の花が池一面に咲きそろう5月初旬が見頃です。「かきつばたまつり」の期間中、ミスかきつばたコンテスト、撮影会、茶会、俳句会、盆栽展などが開催されます。<会場:無量寿寺0566-81-4028駐車場:310台(土・日・祝日・有料日あり)>
(問合先)
・知立市観光協会(知立市役所経済課内)
・〒471-8666知立市広見3-1・0566-83-1111(内線211・212)   http://www.city.chiryu.aichi.jp
体験写真 小堤西池のカキツバタ
国指定天然記念物「小堤西池のカキツバタ」
刈谷市北端にあるカキツバタ自生地は国指定天然記念物です。(S13.8.8指定、所在地:刈谷市井ヶ谷町小堤西1)
小堤西池には、カキツバタの他、ヒツジグサ、ヒメコウホネ、ジュンサイなど湿地固有の植物が100余種自生し、5月中下旬にはカキツバタが見頃です。
駐車場:洲原公園第2駐車場を利用(「井ヶ谷町青木」交差点を東へ) 170台。池まで遊歩道を通り、徒歩約15分。
(問合先)
・刈谷市教育委員会文化振興課文化財担当
・〒448-8501刈谷市東陽町1-1・0566-62-1037
http://www.kariya-guide.com/
上にもどる▲
ちょこっとよってみゃぁ〜
刈谷ハイウェイオアシス 高速利用者も一般道路利用者も楽しめる伊勢湾岸道刈谷市内パーキングエリア。
上にもどる▲

県内市町村と観光協会近隣地域の都市農村交流情報リンク集TOPページに戻る上に戻る

Copyright (c) 2007, Aichi Prefecture. All right reserved. 各ページに掲載されているイラスト及び記事に関しての無断掲載を禁じます