ページの先頭です

メニューの終端です。
ホーム > 農業振興課 > 鳥獣類による農作物被害とその対策について

鳥獣類による農作物被害とその対策について

[2017年9月19日]

鳥獣害関連動画配信

Adobe Reader PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

イノシシとシカが一緒に(2013年2月18日)

 愛知県内にある牧場。シカの群れが牧草を食べています。よく見ると画面左上にはイノシシが、しかも子供のイノシシを連れています。シカやイノシシが明るいうちからこのような行動をとるのは全く警戒をしていない表れです。
(2012年6月 設楽町にて撮影)

過去配信動画

愛知県における鳥獣類による農作物被害の概要

 野生鳥獣類による農作物被害については、鳥獣の生息分布域の拡大、農山漁村における過疎化や高齢化の進展による耕作放棄地の増加等に伴い、深刻化しています。特に中山間地域では、鳥獣被害は農林漁業者の営農意欲を著しく低下させ、耕作放棄地の増加をもたらし、これが更なる被害を招く悪循環を生じさせています。
 平成28年度の農作物被害は、被害面積1,043ha、被害量2,957トン、被害金額494,870千円となり、 前年に比べ増加しました。
 鳥獣種類別に見ると、鳥類ではカラス、ヒヨドリ、ハトの順で被害額が多く、獣類ではイノシシ、ニホンザル、ニホンジカの順で被害額が多くなっています。

鳥獣類による農作物被害の推移について
Adobe Reader PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

被害防止対策について

1 農作物被害対策研修会

平成23年度 第1回(平成23年7月8日 豊田市足助交流館)
pdf有害鳥獣被害防止特区を利用した獣害対策について (ファイル名:kensyuu22_1_1.pdf サイズ:998 KB)

発表者 豊根村役場 産業課 農林係長 山崎浩史氏

pdf豊田市山中地区における獣害対策(1/2) (ファイル名:kensyuu22_1_2-1.pdf サイズ:721 KB)
pdf豊田市山中地区における獣害対策(2/2) (ファイル名:kensyuu22_1_2-2.pdf サイズ:680 KB)

発表者 那須良弘氏

平成23年度 第2回(平成23年11月4日 新城市 新城文化会館)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策 (ファイル名:kensyuu22_2_1.pdf サイズ:493 KB)

発表者 愛知県農林水産部農業振興課 石原元浩主査

pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(1/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-1.pdf サイズ:797 KB)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(2/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-2.pdf サイズ:743 KB)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(3/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-3.pdf サイズ:998 KB)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(4/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-4.pdf サイズ:798 KB)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(5/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-5.pdf サイズ:853 KB)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(6/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-6.pdf サイズ:699 KB)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(7/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-7.pdf サイズ:865 KB)
pdf愛知県における鳥獣による農作物被害の実情と対策(8/8) (ファイル名:kensyuu22_2_2-8.pdf サイズ:819 KB)

発表者 新城設楽農林水産事務所農業改良普及課新城駐在室 小出哲哉主任専門員

Adobe Reader PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※平成22年度以前は、下記鳥獣害だよりに掲載

2 鳥獣害対策に関する情報

 (1)農業総合試験場では、鳥獣害対策に関する技術情報を紹介しています。

鳥獣害だより|愛知県

 (2)愛知県岡崎市在住の成瀬勇夫氏(農林水産省農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー)のイノシシ捕獲法を紹介します。

3 野生鳥獣による農作物の被害防止に向けた体制

野生鳥獣による農作物の被害防止に向けた体制について
Adobe Reader PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

被害防止対策事業の概要

1 鳥獣被害防止総合対策事業(平成29年度)

(1) 事業目的

 市町村が作成する被害防止計画に基づく個体数調整や被害防除、生息環境管理等の総合的かつ計画的に実施する被害防止対策に助成します。

(2) 事業主体

 地域協議会(鳥獣による農林水産業に係る被害の防止のための特別措置に関する法律に基づく被害防止計画が策定されている地域)

(3) 事業の内容

・推進事業 (推進体制整備、個体数調整、被害防除、生息環境管理 等)
・整備事業 (侵入防止柵等の被害防止施設、処理加工施設、焼却施設 等)
・捕獲事業 (有害捕獲 等)

(4) 補助率

・推進事業:1/2以内(上限なし)
※ただし鳥獣被害対策実施隊が中心となって行う取組や実施隊の活動強化のための取組、新規地区の取組は定額
(1市町村当たり100万円から、各取組で加算されます)

・整備事業:1/2以内(条件不利地域55/100以内)
※侵入防止柵の自力施工を行う場合に、資材費相当分の定額補助が可能

・捕獲事業:定額(イノシシ 8,000円/頭 等)

2 山村地域鳥獣被害防止対策事業(平成29年度)

(1) 事業目的

 鳥獣による農林水産業等への被害は、山村地域においては過疎化や高齢化の進展による耕作放棄地の増加等に伴い、深刻化している状況にあります。そこで鳥獣による農林水産物への被害を防止するため、市町村が行う総合的・計画的な鳥獣害対策に助成し、被害防止の推進を図ります。

(2) 対象地域

 行政区域の全部又は一部が山村振興法の規定による振興山村の指定がされている6市町村。

 ※岡崎市(旧岡崎市含む。)、豊田市(旧豊田市含む。)、新城市、設楽町、東栄町、豊根村

(3) 事業の内容

 被害防止施設の整備に要する経費

(4) 補助率

 1/2以内(ただし、設楽町、東栄町、豊根村は1.7/3以内)

お問い合わせ

農業振興課農村対策グループ
担当:農村対策グループ
電話;052-954-6406
E-mail: nogyo-shinko@pref.aichi.lg.jp