知多農林水産事務所水産課のページです

知多の漁業

水産課TOP水産課のしごと知多の水産業トピックス


○知多の漁業の特徴

 知多地区の漁業は、知多半島南部の常滑市、美浜町、南知多町で営まれており、伊勢湾、三河湾の豊かな漁場を背景に、県内でも高い生産量を上げています。
 
のり養殖業船びき網漁業小型底びき網漁業といった沿岸漁業が中心で、魚種別ではあさり、しらす、いかなご、かたくちいわし、えび類、かに類、とらふぐ等が多く漁獲されています。

知多の水産業の主要指標


○のり養殖業

 漁業権漁業として、知多半島の沿海で幅広く営まれています。
 知多地区ののり養殖は明治40年頃から始まり、養殖技術の改良により昭和40年代頃から爆発的に生産量が増加しました。その後沿岸域の埋め立てが進み、漁場は徐々に狭まってきておりますが、今なお年間約4億枚、約40億円を生産しており、県内の生産量の約6割を占める全国有数ののり生産地となっています。

のりの摘み取りのりの摘み取り


○船びき網漁業

 主としてしらす船びき網とぱっち網に大別されます。表・中層を泳ぐいわし類やいかなご(こうなご)などの多獲性魚種を対象としています。漁船2隻により比較的大型の網を曳いて操業します。篠島など、南知多町の南部に集中しており、県内の生産量の7割を知多地区で上げています。

かたくちいわしのせりかたくちいわしのせり


○小型底びき網漁業

 比較的小型の漁船で海底に棲む生物を漁獲するもので、網口の形状により様々な種類に細分化されます。漁獲される魚種はかれいやあなごなどの魚類やあさりなどの貝類、えびやかになどバラエティーに富んでいます。幅広い地区で営まれています。

小型底引びき網の操業小型底びき網(まめ板)の操業


○釣漁業(一本釣り)

 魚礁の周辺で操業され、すずき、まだい、くろだいなどの魚を一匹ずつ釣り上げ、多くはそのまま活かして漁港に持ち帰り、高値で取り引きされます。南知多町の師崎地区で盛んです。


○刺網漁業

 帯状の網に魚などを絡ませて獲る漁法です。かれいなどの魚のほか、えびやしゃこなども多く獲れています。多くが小規模な経営体で、幅広い地区で営まれています。


○はえ縄漁業

 大半が篠島、日間賀島にあり、とらふぐを対象に操業されています。両島のとらふぐは知多半島の新しい名産品となりつつあります。


水産課トップへ 事務所のトップへ戻る