ホーム > 安全な暮らし > 悪質商法 > 未公開株・社債購入の電話勧誘にご注意を!

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

未公開株・社債購入の電話勧誘にご注意を!

未公開株・社債購入の電話勧誘にご注意を! 利殖勧誘相談急増中!

全国の相談窓口において、「今回は、あなただけ特別に」、「この地域の人を限定に」、「49人だけ抽選で」などと、特別な期間、地域、人であると誇張して、「まもなく上場」、「値上がりは確実」、「元本は保証」などと、上場の予定もない会社や実体のないペーパーカンパニーの未公開株等の購入を勧めるといった悪質な業者に関する相談が急増しています。

相談事例

事例1

B証券を名乗る営業担当者から電話で、「A社は業績が好調でまもなく上場します。」、「今なら、公開前の株を安く販売しますよ。」と勧誘を受け300万で購入したが大丈夫か。

事例2

海外で事業を行っているP社の社員を名乗る者から、「事業拡大のため社債を販売しています。」、「今なら元本を保証します。」、「49人だけの限定販売です。」と勧誘を受け60万円で購入したが大丈夫か。

事例3

D社から「FX取引をしませんか。」、「取引後の手数料が3ヶ月無料となります。」、「現在金利は業界最高水準を実現しています。」と勧誘を受けて契約し、80万円支払ったがひと月もたたずに連絡が取れなくなった。

事例4

2年前に未公開株を800万円購入し騙されたことがある。
最近、投資会社を名乗るC社から電話があり、「過去の被害を全額回復してあげる。ただし、条件としてB社の未公開株を80万円で購入してもらうこととなる。」と言われ、お金が返ってくるのであればと思い支払ったが、その後の連絡が途絶えた。

事例5

A社から電話があり「C社の株を持っていないか。持っていれば高値で買い取る。」と電話があったが、もっていなかったので断った。
その後、B社から「C社の未公開株を1株150万円で買わないか。」と電話があった。
そこで、A社に電話したところ「400万円で買い取る。ぜひ買って欲しい。」と言われたので、B社から1株150万円を購入した。
しかし、買い取ってもらおうとA社に電話しているが、全く連絡がとれなくなった。

こんな甘い儲け話は、あるわけがない!騙されないわ!

一般投資家に未公開株を勧誘する行為について

日本国内で営業している証券会社の全てが加入する日本証券業協会によると、同協会では証券会社が未公開株を投資家に勧誘することを※原則禁止しています。
したがって、勧誘してきた業者が金融庁ホームページの「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」や日本証券業協会ホームページの「会員名簿」に登載されていなければ、金融商品取引法違反(無登録営業)となる可能性があり、仮に登載されていた場合でも規則違反となることから、電話勧誘を行う業者とは容易に契約を交わさないよう注意が必要となります。

※グリーンシート銘柄、フェニックス銘柄及び一定の要件を具備し協会に認可されたものは、販売が可能となります。

未公開株の以外の金融商品について

現在様々な商品に関する消費トラブルが発生しており、未公開株をはじめ、社債、ファンド、FX(外国為替証拠金取引)、外国通貨などあらゆる金融商品に関する相談が受理されています。
また、「CO2排出権」や「水資源の権利」などの販売に関する相談も増加していますので注意が必要です。

チェックシート

相談事例から、悪質業者の特徴等に該当する行為を列挙したチェックシートです。
該当する項目が多ければ多いほど悪質な業者である可能性が高くなります。

チェックシートダウンロードへ(PDF:62KB)

被害に遭わないために

現在、この種の相談は、後を絶たず増加の一途をたどっています。
業者は、固定電話に電話をして日中に在宅している高齢者を狙っています。
金融商品等の電話勧誘を受けた場合には、

  • 即断しない
  • 一人で決めず、必ず家族と相談する

よう心掛けてください。

  • 「今日が締め切り」
  • 「他のお客さんもいるので急いで決めないと」

と契約を急かしたり、

  • 「家族には内緒にしておいて、後で喜ばせよう」
  • 「必ず儲かるから大丈夫」

と家族に相談しないよう仕向ける業者には要注意です!

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。