ホーム > 安全な暮らし > 安全なまちづくり > 春の安全なまちづくり県民運動の実施

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

春の安全なまちづくり県民運動の実施

犯罪被害にあわないためには、県民一人一人が、日ごろから高い防犯意識を持ち、身近な対策を具体的に実践していくことが何より大切です。
この運動の機会に、もう一度、自分の身のまわりの防犯について考え、ご家庭や地域で話し合ってみましょう。

期間

平成30年4月1日(日曜日)から4月10日(火曜日)までの10日間

運動重点

  • 住宅を対象とした侵入盗の防止
  • 自動車盗の防止
  • 特殊詐欺の被害防止
  • 子供と女性の犯罪被害防止

スローガン

3N(ない)運動
「犯罪にあわない」「犯罪を起こさせない」「犯罪を見逃さない」

関連資料

春の安全なまちづくり県民運動チラシ(PDF:1,710KB)(別ウィンドウで開きます)

 

キャンペーンの開催

4月3日(火曜日)午後3時30分から、名古屋・栄のオアシス21「銀河の広場」において、愛知県安全なまちづくり推進協議会主催の「春の安全なまちづくり県民運動推進キャンペーン」を開催しました。

キャンペーンには、地域の防犯ボランティアの皆さんや、防犯少年団の子供達も参加して、講談師の旭堂鱗林さんの司会進行で、知事とタレントの矢野きよ実さん、平成30年度愛知県警察広報大使「祭nine.」による防犯トーク、警察音楽隊による演奏等が行われました。

H30haru01
防犯スローガンの唱和
犯罪にあわない・犯罪をおこさせない・犯罪をみのがさない

H30haru02
愛知県知事あいさつ

H30haru03
愛知県警察本部長あいさつ

H30haru04
防犯トーク

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。