ホーム > 安全な暮らし > 安全なまちづくり > あいち地域安全戦略2017

ここから本文です。

更新日:2015年7月27日

あいち地域安全戦略2017

愛知県では、平成17年に約20万件発生していた刑法犯認知件数を平成27年までに半減させるという目標を掲げ、平成18年以降3度の地域安全戦略を策定し、県民総ぐるみで安全なまちづくりに取り組んできました。

その結果、平成25年には刑法犯認知件数は、約9万7千件まで減少し、2年前倒しで目標を達成することができました。

さらに、平成26年は約8万5千件となり、昭和59年以降で最少の件数にまで減少させるに至りました。

しかしながら、県民の安全・安心を脅かす住宅対象侵入盗(空き巣、忍込み、居空き)や自動車盗については、依然として身近で多発しております。

そこで、引き続き強力な取組を展開していくため、平成27年度からは、新たに策定した「あいち地域安全戦略2017」に基づき、「刑法犯認知件数を毎年減少させるとともに、安全に安心して暮らせる社会の実現」を目指し、県民の皆様と手を携え、安全なまちづくりの推進に強力に取り組んでまいります。

「あいち地域安全戦略2017」の概要

1.戦略期間

平成27年度から平成29年度までの3年間

2.戦略の目標

刑法犯認知件数を毎年減少させるとともに、安全に安心して暮らせる社会の実現を目指す。

3.基本戦略

  1. 防犯意識の高揚と地域防犯力の向上
  2. 犯罪の起きにくい社会づくり
  3. 県民の安全・安心を脅かす犯罪への対策

4.戦略の特徴

全国的に突出した件数となっている住宅対象侵入盗と自動車盗について、初めて戦略期間内にワースト1位返上を目指す目標値を設定し、撲滅を目指す特殊詐欺と併せて最重点で取り組む。

  • 住宅対象侵入盗:戦略期間内に刑法犯認知件数3,500件以下を目指す
  • 自動車:戦略期間内に刑法犯認知件数2,000件以下を目指す

 

あいち地域安全戦略2017(PDF:672KB)(別ウィンドウで開きます)

あいち地域安全戦略2017【資料編】(PDF:758KB)(別ウィンドウで開きます)

関連リンク

「あいち地域安全県民行動計画2017」愛知県ホームページへ)

「あいち地域安全戦略2017」に基づき、事業者団体、地域団体等、市町村、県民が、それぞれの立場から実施すべき安全なまちづくりの取組事項をまとめた「あいち地域安全県民行動計画2017」が策定されました。

 

春の安全なまちづくり県民運動

春の安全なまちづくり愛知県民運動推進キャンペーン(平成27年5月14日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。