ホーム > 安全な暮らし > 安全なまちづくり > あいち地域安全戦略2020

ここから本文です。

更新日:2018年3月23日

あいち地域安全戦略2020

愛知県では、治安回復を県政の最重要課題として、平成18年以降、4次にわたり、短期・集中的な3年ごとの地域安全戦略を策定し、県民総ぐるみで安全なまちづくりに取り組んできました。

その結果、平成29年の刑法犯認知件数は約6万5千件となり、戦後最多を記録した平成15年の約3割まで減少しました。

しかし、住宅対象侵入盗、自動車盗は依然として全国ワーストの上位を占めており、また、特殊詐欺も多発するなど、県民の安全・安心を脅かす犯罪が身近で発生しています。

そこで、県、県教育委員会、県警察の連携のもと、引き続き積極的な取組を展開していくため、「あいち地域安全戦略2020」が策定されました。

「あいち地域安全戦略2020」の概要

1.策定主体

愛知県

2.戦略期間

平成30年度から平成32年度までの3年間

3.戦略の目標

刑法犯認知件数を毎年減少させるとともに、安全に安心して暮らせる社会の実現を目指す。

4.基本戦略

  1. 防犯意識の高揚と地域防犯力の向上
  2. 犯罪の起きにくい社会づくり
  3. 県民の安全・安心を脅かす犯罪への対策の推進

5.戦略の特徴

多発している住宅対象侵入盗、自動車盗及び特殊詐欺の3つの犯罪への対策を最重点として取り組む。

  • 住宅対象侵入盗:平成32年までに年間2,500件以下とする
  • 自動車盗:毎年減少させる
  • 特殊詐欺:毎年減少させる

 

あいち地域安全戦略2020【概要版1】(別ウィンドウで開きます)(PDF:521KB)

あいち地域安全戦略2020【概要版2】(別ウィンドウで開きます)(PDF:296KB)

あいち地域安全戦略2020【本冊1】(別ウィンドウで開きます)(PDF:778KB)

あいち地域安全戦略2020【本冊2】資料編(別ウインドウで開きます)(PDF:957KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。