ホーム > 安全な暮らし > 暴走族対策~STOP暴走族~ > 暴走族加入防止ビデオ紹介

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

暴走族加入防止ビデオ紹介

少年非行防止啓発ビデオ紹介

後悔~切れた絆~

愛知県警察では、多発する少年非行に歯止めをかけるため、少年非行防止啓発ビデオ「後悔~切れた絆~」を制作しました。
このビデオは、元暴走族総長の少女にスポットを当てたドラマで、立ち直りの難しさと支援の必要性、家族や友人との絆を見つめ直してもらうとともに、非行は一生背負い続けなければならない心の傷となることを訴えるものとなっており、現在の少年非行の中心となっている中・高校生に対して、非行への一歩を思いとどまらせるとともに、保護者や地域住民の方に対しても、非行少年に対する立ち直り支援や受け皿となる居場所づくりの重要性を訴えることを目的としています。

主人公の綾乃は、暴走族を抜けたいと申し出る後輩の亜弥に対して、暴力をふるう。この集団リンチによって亜弥は意識不明のまま病院のベットで眠り続けることに。

一旦、暴走族に加入してしまうと、面倒見料という名目で不当な会費を要求されたり、脱退しようとすると集団リンチを受けたりします。

あなたのまわりに、暴走族に加入しようとしている人、加入して困っている人はいませんか?
一日も早く暴走族から離脱させましょう。

 

暴走族は、深夜、爆音を響かせて一般車の通行を妨害し、集団となって非常に危険な運転をしてみなさんの平穏な生活を妨害しています。
暴走族への憧れや一時のスリルを求め入ってしまうと強盗やひったくりにも手を染めていき歯止めがきかなくなります。

『暴走族等の追放の促進に関する条例』では、県民、保護者、事業者等、みなさんの責務が定められています。

少年院から出てきた綾乃は、近所の人から白い目で見られ、また家族からも疎外され寂しい気持ちに・・・。しかし、病院で眠り続ける亜弥はもっとつらい目に遭っているんだからと前向きに生きようとする。

立ち直ろうとしている子供は周囲のサポートが必要です。
家庭、学校、地域での居場所を見つけてボランティア活動やスポーツ・地域の活動などに参加できるようにサポートをしましょう

保護司の勧めでガソリンスタンドで働き始める綾乃。
幼なじみの裕太は、いつもそばで声をかけてくれるが、綾乃は誰にも心を開こうとしない。

暴走族のほとんどに、後ろ盾暴力団が関係しています。
暴力団から要求される面倒見料を集めるため、ひったくりや路上強盗、恐喝などの犯罪を犯し、また、暴走族自らも暴力団から恐喝や強要の被害を受けることも少なくありません。

ガソリンスタンドで働き始めたものの、暴走族仲間にグループへ戻るようにいびられるが、消せない暴走族の影に苦悩する綾乃は、ついに暴走族と決別しようとする。
その先に待っていたのは
・・・集団リンチ

 

 

暴走族と決別するため、亜弥と同じ体験をした綾乃は、あらためて家族と親友との絆の大切さをかみしめ、二度と同じ過ちを繰り返さないことを誓うが、10年後、母となった綾乃を厳しい現実が待ち受ける。

暴走族は、みんな孤独で寂しい思いを紛らせるために集団で罪を犯し、犯罪というグランドで自分の居場所を見つけようとしています。

誰もひとりでは生きて行けないのです。

絆・・・
あなたの周りにもきっとあるはず
大切な絆が・・・

大切な人とあなたを結ぶ絆を決して断ち切ることがないように・・・。決して後悔することがないように・・・。

少年課では非行防止教室や研修会などに活用していただくため、ビデオの貸し出しを行っています。希望される学校、その他機関・団体は最寄りの警察署少年係へお気軽にお申し込みください。
※ビデオの貸出先は、愛知県内とさせていただきます。