緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2016年9月5日

サイバー犯罪防止講話のご紹介

正しく使って安心インターネット

愛知県警察では、青少年にインターネットの危険性と正しい使い方を伝えるため、県内の小・中学校、高等学校等でサイバー犯罪防止講話を開催しています。
サイバー犯罪防止講話は、主に次のような内容で行っています。

青少年がまきこまれやすいインターネットのトラブル

青少年がまきこまれやすいインターネットでのトラブルについて、具体的事例を交えながら紹介しています。

  1. 学校裏サイトやSNS等のコミュニティサイトで悪口を書き込む・書き込まれる。
  2. 自分や家族、友だちの個人情報がインターネット上に流れてしまう。
  3. 出会い系サイトやコミュニティサイトなどを利用して人に会い、犯罪にまきこまれる。
  4. オンラインゲームで不正にアイテムを盗む・盗まれる。

インターネットのトラブルにまきこまれないために

青少年がインターネットのトラブルにまきこまれないために、次のような注意点を教えています。

  1. 掲示板などで人の悪口は書かない。
  2. インターネットに人の名前や写真はのせない。
  3. インターネットで知り合った人に自分の情報は簡単に教えない。
  4. インターネットに自分や家族の情報を書くときは親に相談する。
  5. コミュニティサイトなどを通じて、知らない人と会わない。
  6. 出会い系サイトは利用禁止。
  7. ネットゲームで相手のIDやパスワードを勝手に使わない。
  8. インターネットの中でいやがらせを受けたり、困ったりしたら、すぐに大人に相談する。

サイバー犯罪防止講話の開催方法は?

対象者、人数等

原則として、愛知県内の小学校の児童、中学校及び高等学校の生徒並びにその保護者、教員の方を対象とした概ね20人以上の方々に対して、講話を行います。
ご要望がありましたら一度、学校所在地を管轄する警察署生活安全課にご相談ください。

方法、内容、講話時間

講話は原則として、プレゼンテーションソフト、サイバー犯罪防止ビデオ(外部サイトへリンク)を使って行います。
講話時間は、概ね1時間以内(小・中学校、高等学校等の1時限分以内)とします。

その他お問い合わせ等

企業等を対象としたサイバー犯罪防止講話も行っております。
ご質問があれば、サイバー犯罪防止講話を希望する団体や企業の所在地を管轄する警察署生活安全課のほか、愛知県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課指導教養係(代表:052-951-1611 内線3344)まで、お問い合わせください。