ホーム > 安全な暮らし > サイバー犯罪対策 > ニュース > IPAコンクール~生活安全部長賞・受賞作品~

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2019年1月23日

IPAコンクール~生活安全部長賞・受賞作品~

情報処理推進機構(IPA)が主催する、「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール2018」の受賞作品のうち、生活安全部長賞を受賞した3作品を紹介します。

標語部門

 

秋元美空さん(田原市立福江中学校3年生)

標語

受賞者の声

現在は写真を簡単に送り合ったり投稿したりできるSNSが、若者に多く使われています。
しかし、その写真から位置情報が他人に知られてしまうことを知っている人は少なくないと思います。
「みーつけた。」を使うことで、怖さをより知ってもらえると思いました。
便利な機能の裏に潜む危険について考え、責任をもって利用していくことが大切だと思います。

 

 

 

 

ポスター部門

 

竹内碧菜さん(刈谷市立依佐美中学校3年生)

ポスター

受賞者の声

軽い気持ちでつぶやいた言葉が誰かを傷つけているかもしれないということを伝えたいと思い、この作品を描きました。
SNSを使っている人やそうでない人も、自分の一つ一つの言葉を見直してほしいです。

 

4コマ漫画部門

 

岸本夢叶さん(愛知県立豊田東高等学校1年生)

4コマ漫画

受賞者の声

私たちが毎日使っているスマホは誰かと連絡を取ったり、他にも最近では買い物もスマホ1つでできてしまいます。
表だけ見ているととっても便利な道具だけれど、その裏をちゃんと理解し気をつけているでしょうか。
少しでも、被害に巻き込まれないようにするために、どんな被害があるのかをはっきりし、分かりやすくしました。
優秀賞が取れると思っていなかったので嬉しかったです。
ありがとうございました。