ここから本文です。

更新日:2016年6月7日

迷惑メール

相談事例1

宣伝・広告の電子メールがたくさん届いて迷惑である。

相談事例2

自分のメールアドレスが無断でメーリングリストへ登録されたようで、大量の電子メールが送られてくる。

とるべき措置

  1. 特定電子メール法においては、広告宣伝メールの送信について、原則としてあらかじめ同意した者に対してのみ送信が認められる「オプトイン方式」が導入されました。
  2. こうした規制に違反する迷惑メールについては、次の機関で情報提供を受け付けています。
  3. 無断でメーリングリストに登録された場合は、管理がきちんと行われているかどうか確認した上で利用停止手続を行ってください。管理がきちんと行われているか不明な場合は、利用停止手続をしないでください。
  4. 大量の迷惑メール受信により業務が著しく妨害されたなど、実質的な被害がある場合は、最寄りの警察署へ電話で相談してください。

注意事項

  1. 迷惑メールに苦情等を返信すると更に電子メールが送信されるようになる場合があるので、返信は控えた方が賢明です。
  2. 迷惑メールが送られてくる場合は、次により被害の軽減に努めてください。

配意するポイント

  • 公開用のメールアドレスとプライベート用のメールアドレスを使い分け、公開用のメールアドレスを定期的に変更する。
  • 複雑なメールアドレスに変更する。
  • ホームページ・掲示板などでメールアドレスを公開しない。
  • アンケートなどでメールアドレスを回答しない。
  • ウイルス対策ソフト、スパムメール対策ソフトを利用する。
  • プロバイダが提供する機能により迷惑メールの受信を軽減できる場合があるので、ご利用のプロバイダに相談する。