ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

身に覚えのない料金請求

相談事例1

利用した覚えのないサービス(出会い系サイト等)の料金請求の電子メールが送られてきた。

相談事例2

利用した覚えのないサービスの料金の請求が電子メールで来たため一度支払ってしまったところ、今度は追加請求の電子メールが送られてきた。

相談事例3

債権回収代行業者を名乗る者から料金支払の督促を内容とする電子メールが送付されてきた。請求されているサービスは利用した覚えはない。

とるべき措置

  1. 受信した電子メールの内容を冷静に確認し、サービスを利用したことがあるかどうかをよく確認してください。
  2. 請求者には安易に連絡をしないでください。電話、電子メール等で返事をすると、しつこく請求されるおそれがあります。
  3. 裁判所等の公的機関から連絡が合った場合は、電話番号案内(104)で正しい電話番号を確認するか、訪問するなどしてその公的機関へ直接審議を確認してください。電子メールに連絡先が記載されていても、それを信用しないようにしてください。
  4. サービスを利用していない場合は、架空請求であり、料金を支払う必要はありません。不安になり、又は関わりたくないと思って一度支払ってしまうと、さらに請求される場合があります。
  5. 架空請求の電子メール等は証拠として念のため保管しておいてください。
  6. 架空請求であることが分かったらその請求は今後無視してください。
  7. 支払う必要のない料金を一度支払ってしまうと、追加で請求される場合がありますが、このような追加の請求に対しては支払う必要はありません。
  8. 詐欺や悪質な取立てなどについて届け出る場合は、その状況を印刷するなどした上で警察署へ電話で事前相談してください。

注意事項

  1. 架空請求の電子メールについては、普段からスパムメール対策ソフトやプロバイダが提供する迷惑メールの対策機能を利用してその受信の軽減に努めてください。プロバイダが提供する迷惑メールの対策機能については、ご利用のプロバイダに相談してください。
  2. 身に覚えのない請求には料金を支払う必要はありません。