ホーム > 安全な暮らし > サイバー犯罪対策 > よくある相談と対応方法 > 身に覚えのない料金請求のメールが来た

ここから本文です。

更新日:2018年12月19日

身に覚えのない料金請求のメールが来た

相談事例

  • 利用した覚えがないサービス(アダルトサイト等)の料金請求メールが来た。
  • 購入した覚えがない商品の代金を請求するメールが来た。
  • サイトに表示された「年齢確認ボタン」をクリックしただけで、登録料を請求された。

対応方法

  • 支払義務があると判明しない限り、料金を支払わないでください。
  • メールに記載された電話番号には、電話を架けず、添付されたURLもクリックしないでください。
  • 裁判所等の公的機関を騙り、「訴状が提出された」「差し押さえをする」などのメールが送られて来た場合、身に覚えがなければ無視してください。
  • 確認する必要がある場合は、メールに記載の連絡先ではなく、公式ホームページなどに記載の電話番号に連絡してください。
  • クリックする前のページに、利用規約や料金請求に関する記載がない場合や、契約内容を確認する表示等がなければ、契約の無効を主張することができます。

相談窓口

 

注意事項

プロバイダが提供するフィルタリングサービスや、セキュリティソフト又は携帯電話会社の迷惑メール対策機能を利用し、受信しない設定にしてください。