ここから本文です。

更新日:2016年6月7日

コンピュータウイルス

相談事例

友人名で電子メールが送られてきたが、そのメールがコンピュータウイルスに感染していた。

とるべき措置

  1. コンピュータウイルスに感染した電子メールを受け取った場合は、電子メールを開かず削除してください。
  2. パソコンがコンピュータウイルスに感染した場合は、次により対応してください。
    • ネットワークからパソコンを外して被害の拡大を防止してください。
    • パソコンの管理者(管理部門)がいる(ある)場合は、迅速に連絡してください。
    • ご利用のウイルス対策ソフトによりコンピュータウイルスを駆除します。
    • ご利用のウイルス対策ソフトで駆除できない場合は、当該ソフトの提供会社へご相談ください。
    • コンピュータウイルスに関する届出や相談を情報処理振興事業協会(IPAセキュリティセンター)において受け付けております。
  3. 犯罪に該当するとして被害を届け出る場合は、その状況を印刷するなどした上で警察署へ電話で事前相談してください。

相談窓口

コンピュータウイルスに関する相談窓口を設けています。

回答は電話で行いますので必ず電話番号をご記入ください。

不正アクセス・フィッシング・コンピュータウイルス相談窓口

注意事項

  1. コンピュータウイルスの代表的な感染ルートは電子メールです。
  2. コンピュータウイルスが送信する電子メールは、自分や友人のメールアドレスを送信元として表示させるなど、なりすましをしている場合が多く、注意が必要です。
  3. ウイルス対策ソフトを利用し、ウイルス定義ファイルを常に最新のものにするなどして、コンピュータウイルスへの感染を予防してください。
  4. 電子メールの添付ファイルやダウンロードしたファイルは、開く前にコンピュータウイルスの検索を行ってください。
  5. 大切なデータはバックアップしておきましょう。コンピュータウイルスにより破壊されたデータは、ウイルス対策ソフトでは修復できません。日頃からデータのバックアップをとる習慣をつけてください。