ホーム > 安全な暮らし > 特殊詐欺にご注意

ここから本文です。

更新日:2017年11月7日

特殊詐欺にご注意

はじめに

特殊詐欺被害防止統一キャッチフレーズ

従来の振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺被害防止の広報啓発ポスター等は、警察や行政機関等がそれぞれ独自に作成していましたが、愛知県民全員が特殊詐欺被害に対して、強い警戒心を抱くことができるように、名古屋学芸大学の学生が考案したキャッチフレーズ「オレは誰?STOP!特殊詐欺」を愛知県の統一キャッチフレーズとして定めました。この統一キャッチフレーズのもと、官民一体となった被害防止の取り組みを推進しています。

oredare(PDF:444KB)

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

特殊詐欺被害防止マニュアル(手口と対策の解説)

新着情報

こんなメールは詐欺!!

今年に入り、有料サイト利用料等を請求するメールを送り付け、「訴訟になる」などと不安をあおり、連絡してきた被害者にコンビニエンスストアで電子マネーを購入させ、そのカード番号等を伝えさせる架空請求詐欺被害が増加しています。

このほか、訴訟に関する最終通知の「ハガキ」を送り付けたり、インターネット閲覧中に突然「会員登録完了」を表示させたりする手口もあります。

このようなメールなどには絶対に連絡しないでください。

kakuuposter(PDF:177KB)

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

インターネット閲覧中に会員登録されるものについては下記リンクから疑似体験をすることができます。

もしもの時に備え「架空請求詐欺チェックシート(PDF:271KB)」を活用して被害に遭わないようにしましょう。

特殊詐欺版広報用音声データ

このたび、大学生防犯ボランティアの協力を得て、特殊詐欺の広報用音声データを作成しました。地域での青色防犯パトロールなどに是非ご活用ください。

それぞれの項目をクリックすると音声ファイルが再生されます。音声データを保存される場合は、右クリックして「対象をファイルに保存」をクリックしてパソコン内に保存してください。

「振り込め詐欺被害防止コールセンター」の開設

「振り込め詐欺被害防止コールセンター」では、振り込め詐欺の被害を防ぐため、オペレーターから皆様のご家庭にお電話し、振り込め詐欺の「具体的な手口」や「対策」についてお話しさせていただきます。

  1. 開設期間
    平成29年6月14日(水曜日)~平成30年3月23日(金曜日)(土日、祝日等を除く)
  2. 活動時間
    午前10時~午後4時までの間
  3. 業務委託先
    HARVEY(ハーヴェイ)株式会社
  4. 使用電話番号
    052-766-6300

「~STOP!特殊詐欺~〇(まる)っとあいち・絆プロジェクト」参加団体募集中!!

このプロジェクトは「絆」をキーワードに皆様と一緒に振り込め詐欺の撲滅に向けて活動するものです。「家族の絆」「地域の絆」で振り込め詐欺の被害者を出さない地域づくりに参加してみませんか?ご参加は2名以上の団体で、活動拠点が愛知県内にあり、継続的な活動が可能な団体や事業者の方です。個人での参加申込みはできません。

金融機関で高額な出金をされる場合の全件通報にご協力お願いします。

平成28年中、皆様の声掛けにより約16億円(うち、金融機関によるものが約10億円)の被害を防ぐことが出来ました。

愛知県警察では、金融機関の皆様に、高額な出金をするご高齢のお客様へ出金理由などを確認する声掛けや、警察への通報をお願いしております。

通報を受けた警察は、金融機関へ赴き、お客様に出金理由や使途を確認させていただきます。

特殊詐欺の被害をを1件でも多く防ぐため、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

全件通報

各種情報

統計

対策

その他情報


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。