ホーム > 安全な暮らし > 特殊詐欺にご注意 > 捜査の過程で入手した名簿を活用した被害予防対策

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

捜査の過程で入手した名簿を活用した被害予防対策

対策内容

全国の警察が振り込め詐欺事件などを捜査し、犯人グループが犯行に利用した名簿を警察庁が集約してデータ化。名簿登載者が居住する都道府県警察が、名簿登載者を対象に注意喚起を行います。
全国の警察が取り組む対策で、愛知県警察では平成24年9月中旬から実施しています。

なぜ行うのですか?

振り込め詐欺などの犯行グループは「名簿」を使用して犯行を敢行していると推察されます。
そこで、名簿登載者に登載事実を告げ、被害に遭わない方法を知っていただき、犯罪抑止につなげます。
名簿登載者は、犯人からの連絡を受ける可能性が高いと思われますので、振り込め詐欺や未公開株購入などに絡む利殖詐欺などに注意が必要です。
過去被害に遭われた方は、「被害回復」を口実に犯人が連絡してくる可能性があり、より注意が必要です。

コノハけいぶイラスト

どのように行うのですか?

愛知県警察では、管轄警察署の警察官による自宅訪問または電話広報、「振り込め詐欺被害防止コールセンター」からの電話広報により行い、被害に遭わないための対策などをお話しさせて頂きます。

コノハけいぶイラスト

なぜ私が登載されたのですか?

いつ、どこで、どの情報が元になっているかなどの経緯は分かりません。

コノハけいぶイラスト