ホーム > 安全な暮らし > 少年非行防止対策 > 少年の保護対策 > 青少年が性被害等に遭わないために

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

青少年が性被害等に遭わないために

福祉犯とは

  • 18歳に満たない者にお金や物品などを渡す約束をして、性交等をする児童買春事件
  • 18歳に満たない者に対し、いん行又はわいせつな行為をする愛知県青少年保護育成条例違反事件
  • 18歳に満たない者をキャバクラなどの風俗営業店でホステスとして働かせる風俗営業関連の違反事件
  • 18歳に満たない者に売春客を紹介して、いん行をさせる児童福祉法違反事件
  • 出会い系サイトに、児童に対し性交を誘引する書き込みを掲示する出会い系サイト規制法違反事件
  • 未成年者にビール等の酒類やタバコ等を販売する未成年者飲酒禁止法違反、未成年者喫煙禁止法違反事件
  • 児童ポルノを製造したりインターネット上に公開する児童買春、児童ポルノ禁止法違反事件

などの犯罪をいいます。

君の声を届けて欲しいチラシ

福祉犯被害事例

  • 家出中の女子高校生が繁華街でホストにナンパされ、売春や風俗店で働くことを強要されたほか、いん行の被害に遭った。
  • 女子高校生が携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男と交際するうちに、その男から「お金欲しいでしょう」と言われて見知らぬ男を紹介され、援助交際をさせられた。
  • 家出中の少女がマンションの一室に住まわされ、インターネットを利用して援助交際を装った売春をさせられた。
  • 女子中学生がインターネットを通じて知り合った男に、児童買春をさせられ、さらにその場面を撮影した児童ポルノ画像をインターネットを利用してポルノ仲間に配信されていた。
  • 女子中学生がコミュニティサイトを通じて知り合った男に、言葉巧みにだまされて自分自身の裸を携帯電話で撮影させられたうえメールに添付して送信させられ、その画像をインターネット上に公開された。
  • 家出中の女子中学生が携帯電話の家出サイトで知り合った男性宅に住まわされ、いん行被害に遭ったうえ、同様のサイトで知り合った別の男性に引き渡されて同様の被害に遭った。

こんなことがあったら警察へ

1 少女をホステスにしていいのかな?

会社員のAさんが、スナックに飲みに行ったら、中学生か、せいぜい高校生くらいにしか見えない若いホステスが横に座りお酌などをしてくれた。家に帰って自分の娘を見ているうちに「あんな若い女の子がホステスなんかして良いのかな?」と疑問に思った。

スナックやバー、キャバレーなどで、18歳未満の少女をホステスとして使用することはもちろん午後10時から翌日の午前6時までの間にカウンター係などとして使用することも法律違反となります。

2 少年を深夜まで働かせて良いのかな?

会社員のBさんは、仕事帰りの午前1時頃、コンビニに立ち寄ったところ、高校生風の少年がアルバイト店員として働いているのを見かけ、「少年をこんなに遅くまで働かせていいのだろうか?」と疑問に思った。

18歳未満の少年を午後10時以降の深夜に、街頭の屋台などで使用したり、労働させたりすることは、原則として法律違反になります。

3 かわいそうな少女のうわさ話を聞いた

主婦のC子さんは、うわさで「近所の高校生の娘さんが暴力団にひっかかり、最近、青白くやせて人が変わったようだ。」との話を聞いた。

暴力団は、家出少女などをだまし、覚醒剤を打って売春させることもあります。このような行為は、もちろん悪質な法律違反です。
うわさ話でもぜひ警察へ連絡してください。

4 少年にお酒を飲ませて良いのかな?

OLのD子さんは、仲良しグループでカラオケボックスに遊びに行ったとき、店員が制服姿の高校生にビールを運んでいるのを目撃した。

酒を販売する店で、少年が飲むことを知りながら、酒を販売すれば法律違反になります。

5 子供の問題行動の相談を受けた

防犯委員のEさんは、近所の人から「高校生の娘がインターネットで知り合った大人の男と交際しているようだ。」と相談を受けた。

少女を性の対象とする大人がいます。
18歳未満の少女にみだらな性行為をすることは、法律又は条例違反となります。

6 少年にシンナーを売っていいのかな?

少年指導委員のFさんは、知り合いの大工さんから、「建材店が、店の裏で内緒で少年にシンナーを売っているようだ。」との話を聞いた。
ひょっとして、シンナー乱用少年に売っているのではないかと疑問に思った。

シンナー遊びをすることを知っていて少年にシンナーなどを販売したり、与えたりすることは法律違反になります。

7 出会い系サイトに中学生の書き込みを発見した!

中学生のGさんは、出会い系サイトに、「リカ中3 ¥3でデートしてくれるおじさん募集。」という書き込みを発見した。

出会い系サイトに、お金などを示して児童との交際や性交を誘いかける内容の書き込みをすると大人はもちろん、児童でも法律違反になります。

8 ファイル共有ソフトで児童ポルノを見て大丈夫?

会社員のHさんは、知人に勧められて、初めて自宅のパソコンでファイル共有ソフトを利用し、児童ポルノ画像を簡単にダウンロードできることを知った。
Hさんは「こんなふうにして児童ポルノを見ていいのかな?」と疑問に思った。

児童ポルノは、児童の性的搾取・性的虐待の記録であり、児童の人権を著しく侵害するものです。

ファイル共有ソフトで児童ポルノ画像をダウンロードしたり、インターネット上に公開すること等は法律違反になります。

9 児童買春・児童ポルノ禁止法が改正されたの?

会社員のIさんは、知り合いから児童買春・児童ポルノ禁止法が改正されたことを聞いたが、その改正内容を聞き逃してしまった。

児童買春・児童ポルノ法については、いわゆる児童ポルノの単純所持の禁止規定や盗撮による児童ポルノ製造の処罰規定等を盛り込んだ改正が行われ、平成26年7月から施行されています。

児童買春・児童ポルノ禁止法の正式名称は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」といいます。

10 JKビジネスってなに?

主婦のJさんは、近所に住んでいる女子高校生がJKビジネスでアルバイトをしていると噂で聞いた。

愛知県青少年保護育成条例が改正され、平成27年7月1日から、有害役務営業(通称JKビジネス)を行っている店で青少年を働かせたりすると条例違反になります。

有害役務営業については、愛知県庁ホームページ「愛知県青少年保護育成条例について」(別ウィンドウが開きます)を参照してください。

 

 

 

この他にも福祉犯罪にはいろいろな形態があります。
「おかしいな?」と思ったら、警察署少年係にお知らせください。