緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2017年8月2日

第4章 薬物乱用防止広報車の紹介

聞いて見て知ろう!!薬物乱用の恐さ

Q 薬物乱用防止広報車って?

A 薬物乱用防止の広報を行う車です。

平成11年4月、警察本部に薬物乱用防止広報車が初めて配置され、現在は二代目で、平成21年4月に配置されています。

初代に比べて、薬物に関する資料が充実しています。

薬物乱用防止広報車写真
薬物乱用防止広報車

Q どんなことが分かるの?

A 薬物の種類や薬物乱用の恐ろしさなどが分かります。

薬物乱用防止広報車では、薬物の見本やパネルなどを見ることができます。

また、側面には大型モニターがあり、薬物乱用防止に関するビデオを見ることもできます。

(車内見学の待ち時間にご覧ください)
車外の大型モニター

Q 薬物乱用防止広報車の中はどのようになっているの?

A 薬物の模造見本、薬物に関するパネルや人体模型などが展示してあります。

薬物の模造見本・薬物に関するパネル

薬物の模造見本では、日本の法律で所持・使用等が禁止された薬物がひと目で分かります。

違法薬物などの模造見本を見て、どのような種類や形をしているかを確認することができます。

薬物に関するパネルは、実際の違法薬物や使用器具などを撮影したものなので、より現実的に感じてもらうことができます。

中の様子(1)
薬物の模造見本

中の様子(2)
薬物に関するパネル

また、毎年多数の少年が補導されている喫煙や飲酒に伴う危険性を知ってもらうために、外国で売られているたばこのパッケージの写真やたばこを吸う人の肺の写真、「お酒の缶はどれかな」などのクイズもあります。

中の様子(3)

人体模型の「やっくん」

人体模型の「やっくん」は、

  • シンナーを乱用したため脳が縮み
  • 薬物の乱用で顔色が青白い
  • タバコを吸い過ぎて肺は汚れ
  • お酒を飲み過ぎて肝臓が腫れた

といった薬物が及ぼす悪影響を模型にしたものです。

薬物が人体に与える害がひと目で分かります。

なお、「やっくん」の名前は、係員がつけたものです。

人体模型
人体模型「やっくん」

その他のパネルや写真

薬物乱用は様々な事件・事故の引き金となります。

実際に薬物乱用者が引き起こした事件・事故が掲載された新聞記事などをパネルにしてありますので、薬物乱用が社会に及ぼす影響について確認してもらうことができます。

覚醒剤の依存症により注射を打ち過ぎた結果、腕がボロボロになった写真や、被害妄想からとんでもない格好で隠れていた中毒者の写真、フラッシュバックにより自ら傷つけた覚醒剤中毒者の写真などを目で見て薬物の恐ろしさを感じてください。

注射痕
覚醒剤乱用者の写真
(警察庁発行「DRUG2009」より引用)

Q 薬物乱用防止広報車はどのようなところに派遣されているの?

A 警察官とともに県内の小・中学校に派遣しています。

小・中学校における「薬物乱用防止教室」で、警察官等の講話と併せて広報車に展示された薬物標本や写真などを見ることで、薬物乱用の問題をよりリアルに感じてもらい、その危険性を強く伝えるためです。

Q どうすれば薬物乱用防止広報車を呼べるの?

A 各警察署の生活安全課少年係で受け付けています。

薬物乱用防止教室開催の申し込み時に、薬物乱用防止広報車を要請したい旨を伝えてください。

※日程の都合等により、薬物乱用防止広報車を派遣できない場合があります。あらかじめご了承ください。

Q 薬物の誘いや相談事があったらどうすれば良いの?

A 警察へ連絡してください。

薬物乱用防止はまず相談から!

  • 密売人が声をかけてきた・・・
  • 友達や先輩が誘ってきた・・・
  • 友達が薬物を使っているがどうしたらよいか・・・

ひとりで悩まず、まず相談

相談は…