ホーム > 交通安全 > 放置駐車違反の取締り > 放置駐車違反取締り手続きについて

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2017年2月6日

放置駐車違反取締り手続きについて

放置駐車違反取締り手続の流れ

放置車両違反取締手続きの流れ図

※1 「車両の使用者」とは、通常、自動車検査証の使用者欄に記載されている者をいいます。
反則金の納付がなければ、運転者は交通反則通告制度に従い、刑事手続に移行されるとともに、使用者に対しては、放置違反金の納付手続を並行して進めることとなります。

弁明通知書

1 弁明通知書

放置違反金納付命令の事前手続として車両の使用者に対し、当該放置違反金納付命令に係る事実並びに弁明書の提出先及び提出期限をお知らせする通知書のことです。

2 弁明の機会の付与

車両の使用者の権利を不当に侵害しないようにするために、放置違反金納付命令の事前の手続として設けられた制度です。
弁明書は、車両の使用者が任意に提出するもので、弁明の事実がない場合は提出する必要はありません。

3 弁明が認められる場合

  • 事実誤認等により放置駐車違反が成立していない場合
  • 違反日時において、弁明通知書の送付を受けた者が、放置車両の使用者でなかった場合
  • 違法駐車行為が天災等の不可抗力に起因するなど、車両の使用者の責に帰することが著しく相当性を欠くことが明らかな場合

4 弁明審査結果について

弁明の審査結果については、提出者に対して回答することはありません。
弁明が認められない場合は、放置違反金納付命令書を送付します。弁明が認められた場合は、放置違反金納付命令書は送付されません。

【放置違反金の仮納付・納付】

早期に手続を終結したい車両の使用者は、弁明通知書に同封されている仮納付書(歳入歳出外現金納付書)により放置違反金を仮納付することができます。仮納付された放置違反金は、愛知県公安委員会の掲示板の公示により放置違反金の納付とみなされます。
弁明通知書に同封されている仮納付書(歳入歳出外現金納付書)により放置違反金の仮納付又は、反則金の納付が確認されない場合は、その以降送付します放置違反金納付命令書等に同封されている(納入通知(納付)書兼領収書)により放置違反金を納付することができます。

【放置違反金の額】

放置違反金の額は、放置駐車違反をした者が納付すべき反則金の額と同額となります。

車検拒否

車検を受けようとする方が、放置違反金を滞納して督促を受けたときは、車検時に放置違反金を納付したこと又は徴収されたことを証する書面を提示しなければ自動車検査証の返付を受けることができません。なお、交通反則切符の納付書・領収証書では、自動車検査証の返付を受けることができません。
この車検拒否については、「車検拒否制度について」により詳しくお知らせしています。

車両の使用制限

確認標章を取り付けられた車両の使用者に放置違反金の納付命令がされた場合で、その使用者が確認標章を取り付けられた日前6ヶ月以内に受けた納付命令の回数が表1の回数となったときは、表2に掲げる期間の範囲で、その車両を運転し、又は運転させてはならない旨の使用制限命令を受けることとなります。

表1

前歴の回数(※1)

納付命令の回数

なし

3回

1回

2回

2回以上

1回

表2

車両の種類

期間

大型自動車、中型自動車(※2)、大型特殊自動車又は重被牽引車

3月

普通自動車

2月

大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車又は原動機付自転車

1月

※1 前歴の回数とは、放置違反金納付命令に係る標章が取り付けられた日を起算日とする過去1年以内に放置違反に係る使用制限命令を受けた回数をいいます。

※2 中型自動車については、平成19年6月2日から施行されました。

滞納処分

放置違反金の納付命令を受けた者が、納付の期限を経過してもこれを納付しないときは、督促状を送付します。
督促を受けた者が、その納付の期限までに放置違反金を納付しないときは、財産を差押えるなど強制的に放置違反金及び延滞金を徴収(滞納処分)することとなります。

放置違反金の納付

放置違反金の納付ができる金融機関は、納付書に記載の金融機関です。全国のゆうちょ銀行でも納付できます。
また、平成20年9月1日から、愛知県内に所在する金融機関が県外に店舗を有する場合は、それらの県外店舗でも納付できるようになりました。
利用できる金融機関の最新の情報は、次のホームページでご覧いただけます。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kaikei/0000031256.html
放置違反金に関する納付書はPay-easy(ペイジー)に対応していますので、Pay-easy(ペイジー)に対応しているATM(現金自動預払機)又は、インターネットバンキングを利用して納付できますが、領収印を受けることはできません。領収書が必要な方(車検拒否制度の対象となる場合)は、金融機関の窓口を利用してください。
放置違反金納付命令書によって指定された納期限までに納付されないときは、放置違反金の額に、その納期限の翌日から納付の日までの期間の日数に応じ、年14.5パーセントの割合により計算した金額に相当する延滞金を納付していただくことがあります。

違法駐車の取締りが変わりました。→悪質・危険、迷惑な違反に重点を置き、短時間の放置駐車違反も取締ります。

1台1台の駐車は短時間でも多くの車両が繰り返して行えば交通の大きな妨げとなるほか、事故の原因にもなります。
そこで放置駐車違反の車両については、駐車時間の長短にかかわらず確認標章を取り付け、安全で円滑な交通の実現を目指すこととなります。

問い合わせ先

愛知県警察本部交通部交通指導課
放置駐車対策センター
TEL(052)871-4335 (代表)