ホーム > 交通安全 > 交通トピックス > 二輪車の死亡事故多発!!

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

二輪車の死亡事故多発!

平成28年中愛知県内では二輪車が当事者となる交通死亡事故が多発しました。

当事者の特徴として、原付は60~80歳代が多発、普通自動二輪車は10~30歳代が多発、大型自動二輪車は40歳代~50歳代が半数を占めています。

車体の小さい二輪車は、実際よりも遠くに見られたり、スピードが遅く感じられることがあります。交差点では、右折しようとしている車両が直進してくる二輪車との距離を見誤り、二輪車と衝突する「右直事故」が発生しています。自分の運転技術を過信することなくいつでも慎重な運転をお願いします。

また、ヘルメットは必ずかぶり、万が一に備えて服装は肌の露出が少ないものにし、プロテクターやエアバッグジャケットの活用で、自分の身を守りましょう。

広報用チラシ

(PDFは別ウィンドウで開きます)

プロテクターちらし(PDF:348KB)snsツーリングチラシ(PDF:265KB)

にりんしゃ(PDF:539KB)二輪事故多発チラシ(PDF:1,076KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。