ここから本文です。

更新日:2017年8月17日

交通少年団

交通少年団とは

子供の交通事故の急増という背景の中、昭和46年に稲沢市と豊川市で、子供の交通事故を防止する施策として、子供会や学習塾を母体として組織されたのが始まりです。
その後、子供を交通事故から守る地域運動の形で県内全域に普及し、警察・関係団体の指導の下に次代を担う子供たちに正しい交通ルールを身につけさせるため、その拡大が図られました。
平成29年6月末現在、306団体、59,411人の団員が県内各地で活動しています。

交通少年団の目的

集合訓練、奉仕活動等の体験を通じ、団員に交通安全の知識を習得させ、交通安全意識の高揚を図るとともに、車社会に対応できる人格の形成を目的としています。

主な活動内容

警察官や各団体の指導者などの指導により、各地域で交通安全教室、交通安全ボランティア活動、街頭奉仕活動等の幅広い活動を行っています。
また、年に1度、県内の団員が集まり、自転車の安全利用を始めとした交通ルール等を体験的に学ぶ集合訓練を実施しています。


田原

田原市の交通少年団の活躍

港

名古屋市港区の交通少年団の活躍

各地域の交通少年団については、最寄りの警察署にお問い合わせください。

交通少年団宣誓

交通少年団集合訓練

平成29年8月4日、豊田市の「豊田スタジアム」において、交通少年団集合訓練を開催しました。

参加した団員は体験を通じて、自転車の交通ルールや交通事故の危険性について学びました。

電光掲示板

シートベルトコンビンサー

シートベルトの効果を体験しました。

自転車乗車訓練

自転車の安全な乗り方について学びました

死角体験

車の特性である、死角や内輪差を確認しました。

点検

自転車の点検方法やルールについて学びました。

反射材作成

オリジナルの反射材、子供免許証の作成をしました。