ホーム > 交通安全 > 交通トピックス > 広めよう交通安全スリーS運動

ここから本文です。

更新日:2015年1月5日

広めよう交通安全スリーS運動

運動の目的

この運動は、自動車や自転車の運転者が特に心掛ける運転行動を表した「ストップ」「スロー」「スマート」のキーワードの3つの頭文字を取り、安全な行動の定着化を図ることにより、交通事故を防止するものです。

「交通安全スリーS運動」

Stop「ストップ」

  • 赤信号、一時停止場所では必ず停止自転車の一時停止
  • 横断歩道や交差点では歩行者優先
  • 飲酒運転の根絶

 

 

 

Slow「スロー」

  • 見通しの悪い交差点では徐行自転車の徐行運転
  • 子どもや高齢者を見かけたら速度を控える

 

 

 

 

Smart「スマート」

  • シートベルト全席着用の徹底シートベルト全席着用
  • 思いやりを持ったスマートな運転

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。