ホーム > 運転免許 > 手続きのご案内 > 免許証の有効期間が、平成29年9月11日以前の方の高齢者講習(期限切れを除く。)

ここから本文です。

更新日:2017年4月19日

免許証の有効期間が、平成29年9月11日以前の方の高齢者講習(期限切れを除く。)

高齢者講習は、下表の自動車学校で実施しています。
高齢者講習には、自動車学校への事前予約が必要です。高齢者講習を受講される方が非常に多いので、高齢者講習通知書を受領された方は早めの予約をお願いします。地域によっては、自動車学校の予約が非常に取りづらい状態になっております。予約が取れない場合は、近隣の自動車学校への予約確認をお勧めします。

高齢者講習等実施場所一覧

高齢者講習の各学校の予約状況については、一般社団法人愛知県指定自動車教習所協会ホームページの高齢者講習の予約状況ページ(外部サイトへリンク)からご覧になれます。

予約状況は実際と異なる場合がありますので、詳細は各自動車学校へお問い合わせください。

高齢者講習等実施場所一覧(PDF:134KB)

講習の流れと手数料について

免許画像

免許証のこの部分(更新期間満了日)のあなたの満了日の年齢が

70~74歳の方

75歳以上の方

下矢印

下矢印

更新期間満了日の6か月前までに予約の申し込み方法などが記載された講習等の通知書が届きます。

高齢者講習の申し込み

講習予備検査・高齢者講習の申し込み

下矢印

下矢印

高齢者講習(3時間5,600円)

  1. ビデオなどで交通ルールを再確認
  2. 機械を使って、動体視力や夜間視力などを測定
  3. 車を運転し、指導員からの助言
  4. 危なかった点などの話し合い

講習予備検査(30分650円)
「時間の見当識」「手がかり再生」「時計描画」の検査をします。

高齢者講習(2時間30分5,200円

  1. ビデオなどで交通ルールを再確認
  2. 機械を使って、動体視力や夜間視力などを測定
  3. 車を運転し、指導員からの講習予備検査に基づいた助言

小型特殊免許のみの方は、自動車等の運転を除く講習(1時間30分2,250円)
75歳以上の方は、講習予備検査(30分650円)が加わります。

下矢印

下矢印

運転免許証の更新

  • 更新手続きは、誕生日の前後1ケ月間の計2ケ月間ですが、その前に更新連絡書が届きます。
  • 高齢者講習を受講していないと、免許証の更新はできません。

 

 

75歳以上の方で、講習予備検査により、記憶力・判断力が低くなっているとしても免許証の更新はできますが、信号無視・一時不停止・踏切不停止等といった交通違反を更新の前に行っていた場合、または更新の後に行った場合は警察から連絡があり、専門医の診断を受けるか、主治医の診断書を提出することになります。認知症と判断された場合には免許証が取り消し等になります。

注意事項

 チャレンジ講習とは

加齢に伴う身体的機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼしていないかを確認するための講習(手数料2,650円)で、実車走行による採点で100点満点中70点以上が合格です。
合格者は1時間の簡易講習(手数料1,500円)を受講することにより高齢者講習が免除されます。

各自動車学校へ予約のうえ受講してください。

 運転免許取得者教育とは

現に運転免許を受けている方が運転技能の向上を図るとともに、道路交通に関する知識を深めるために受講するものです。
各自動車学校が実施し、運転免許取得者教育(高齢者講習同等)終了証明書が交付されます。
ただし、運転免許証の有効期限が切れてしまった場合の申請手続きには、高齢者講習の受講が必要ですのでご注意ください。

 特定任意高齢者講習とは

過疎地、離島等に住む高齢者講習の受講不便者を対象に、高齢者講習にかわる講習として警察施設、公民館、集会所等講習に適した環境の施設を使用して行うものですが、現在のところ愛知県では実施していません。

お問い合わせ先

愛知県警察本部 運転免許課 高齢者講習係

ダイヤルイン番号 052-800-1353

問い合わせ時間は、平日午前9時から午後5時までです。

(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から1月3日を除く。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。