ホーム > 運転免許 > 手続きのご案内 > 高齢者講習・認知機能検査 > 75歳以上の方の認知機能検査と高齢者講習

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2017年9月20日

75歳以上の方の認知機能検査と高齢者講習

認知機能検査通知書が届きましたら、通知書裏面の「実施場所一覧表」から、受講場所(自動車学校)を選び、電話で検査の日時をご予約ください。

地域によっては、自動車学校の予約が非常に取りづらい状態になっております。

予約が取れない場合は、近隣の自動車学校への予約をお勧めします。

免許の更新をされない方は、認知機能検査と高齢者講習の受講は必要ありません。

対象となる方

免許証の「平成★年★月★日まで有効」と記載されている日の年齢が、75歳以上の方

検査の申し込みから免許更新までの流れ

1.更新期間満了日の6か月前までに、認知機能検査通知書が届きます

2.認知機能検査通知書を予約します(早めに予約を!)

通知書裏面の「実施場所一覧表」から、受講場所(自動車学校)を選び、電話で検査の日時をご予約ください。

3.認知機能検査を受検します

4.認知機能検査結果通知書と高齢者講習通知書が届きます

受検後に、公安委員会から、認知機能検査結果通知書と高齢者講習通知書が郵送されます。

診断書提出命令が同封された方でも、免許の更新手続きをされる方は、高齢者講習の受講が必要です。

5.高齢者講習の予約をしてください

実施場所一覧表から、受講場所(自動車学校)を選び、電話で講習の日時をご予約ください。

6.高齢者講習を受講します

認知機能検査の結果に基づいて、2時間又は3時間の講習を行います。

講習受講後に、高齢者講習終了証明書が交付されます。

7.誕生日の約1か月前に運転免許証更新連絡書が届きます

8.更新手続きをします

運転免許証更新連絡書が届き、更新期間(誕生日の1か月前)に入ったら、高齢者講習終了証明書と更新に必要なものを持って、更新窓口へお越しください。

認知機能検査

1.検査の内容

  • 時間の見当識(検査当日の年月日、時刻等について、時計を見ないで答えていただきます。)
  • 手がかり再生(16種類の絵を見て、記憶していただきます。)
  • 時計描画(白紙に丸型時計の文字盤を描き、その後指定した時刻を示すように時計の針を描いていただきます。)

2.必要なもの

  • 認知機能検査通知書
  • 運転免許証
  • 手数料(650円)
  • 筆記用具
  • 眼鏡・補聴器が必要な方は持参してください。

高齢者講習

1.高齢者講習(2時間)と高齢者講習(3時間)の区分について

  • 認知機能検査の結果、「記憶力・判断力に心配のない方」という結果の方は、高齢者講習(2時間)となり、それ以外の方は、高齢者講習(3時間)なります。

2.講習の内容

  • 講義(安全運転の知識に関する講習です。)
  • 適性検査(動体視力・夜間視力・視野検査等を行います。)
  • 実車講習(指導員が同乗して、自動車学校内のコースを運転していただきます。)
    ※小型特殊免許のみの方は、実車講習はありません。
  • 個別指導(実車の運転状況を撮影した映像を活用するなど、具体的に指導します。)
    ※高齢者講習(3時間)の方のみ実施します。

3.高齢者講習に必要なもの

  • 高齢者講習通知書
  • 運転免許証
  • 講習手数料
    高齢者講習(2時間)4、650円。(小型特殊免許のみの方は、2、000円)
    高齢者講習(3時間)7、550円。(小型特殊免許のみの方は4,300円)
  • 筆記用具
  • 眼鏡・補聴器等が必要な方は持参してください。

4.受講時の服装

  • 自動車等の運転に適した服装で受講してください(下駄、サンダル履きは不可)。
  • 原付で受講される方は、乗車用ヘルメットを持参してください。

高齢者講習等実施場所一覧

高齢者講習等実施場所一覧(PDF:135KB)

高齢者講習の各学校の予約状況については、一般社団法人愛知県指定自動車教習所協会ホームページの高齢者講習の予約状況ページ(外部サイトへリンク)からご覧になれます。予約状況は実際と異なる場合がありますので、詳細は各自動車学校へお問い合わせください。

注意事項

免許証の更新をしない場合は、高齢者講習を受ける必要はありません。
自主返納運転経歴証明書

  • 免許証の有効期間内に、免許証を自主的に返納した場合に限り、運転経歴証明書の交付申請(手数料1,000円)をすることができます。

下記の講習を受講した方は、高齢者講習が免除される場合があります。

チャレンジ講習合格者による簡易講習

  • チャレンジ講習とは、加齢に伴う身体機能の低下が自動車の運転影響を及ぼしていないかを確認するための講習(手数料2,650円)で、実車走行による採点で100点満点中70点以上が合格です。
  • 認知機能検査の結果によって、記憶力・判断力に心配がないと判定された方しか受講できません。
  • チャレンジ講習の合格者は1時間の簡易講習(手数料1,500円)を受講することにより高齢者講習が免除されます。
  • 各自動車学校へ予約のうえ受講してください。

運転免許取得者教育

  • 運転免許取得者教育とは、現に運転免許をうけている方が運転技能の向上を図るとともに、道路交通に関する知識を深めるために受講するものです。
  • 各自動車学校が実施し、運転免許取得者教育(高齢者講習同等)終了証明書が交付されます。
  • 運転免許証の有効期限が切れてしまった場合の申請手続きには、高齢者講習の受講が必要ですのでご注意ください。

特定任意高齢者講習

  • 過疎地、離島等に住む高齢者講習の受講不便者に、高齢者講習にかわる講習として、警察施設、公民館、集会所等講習に適した環境の施設を使用して行うものですが、現在のところ愛知県では実施していません。

更新申請時に、視力等の適性検査を行います。

住所の変更により「高齢者講習通知書」が届かない方は、下記のお問い合わせ先まで連絡してください。

お問い合わせ先

愛知県警察本部 運転免許課 高齢者講習係

ダイヤルイン番号052-800-1353

問い合わせ時間は、平日午前9時から午後5時までです。

(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から1月3日を除く。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。