ホーム > 申請・手続き > 交通 > 警察署長の駐車許可の申請手続き

ここから本文です。

更新日:2016年11月11日

警察署長の駐車許可の申請手続き

駐車許可要件

駐車許可は、下記のいずれにも該当する場合に限り許可されます。

1許可を受けようとする駐車の時間

  • 駐車に係る用務の目的を達成するため必要な時間を超えないこと。
  • 駐車の時間帯が、駐車により交通に危険を生じ、又は交通を著しく阻害するものでないこと。

2許可を受けようとする駐車の場所


駐車許可できない場所について

  • 道路標識により、駐車が禁止されている場所であること。
  • 駐停車禁止場所(交差点、横断歩道等)、無余地場所、駐車方法違反(左側端に沿わない駐車等)になる場所でないこと。
  • 駐車の場所が、駐車により交通に危険を生じ、又は交通を著しく阻害するものでないこと。

3許可を受けようとする駐車の用務

  • 公共交通機関等の交通手段によったのでは、その目的を達成することが著しく困難であると認められる用務であること。
  • 5分を超えない時間内(パーキング・メーターが設置されている時間制限駐車区間においては、道路標識等により表示されている時間内)の貨物の積卸し、その他駐車違反とならない方法による駐車がおよそ不可能と認められる用務であること。
  • 道路使用に該当する用務でないこと。

4許可を受けようとする駐車の場所について、次に掲げる範囲内に駐車可能な路上駐車場、路外駐車場及び駐車が禁止されていない道路の部分のいずれもが存在せず、又はこれらの利用がおよそ不可能であると認められること。

  • 重量貨物又は長大な貨物の積卸しで用務先の直近に駐車する必要がある車両にあっては、当該用務先の直近
  • 医師等の往診若しくは手当又は助産師、介護福祉士等の出張による業務の遂行のため用務先の直近に駐車することがやむを得ない車両にあっては、当該用務先の直近
  • その他の車両にあっては、当該用務先からおおむね100メートル以内の範囲

※医師等の往診若しくは手当又は助産師、介護福祉士等の出張による業務とは・・・

  • 医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、柔道整復師、鍼灸師による業務
  • 介護保険法等による訪問看護、訪問介護等の業務

申請に必要な書類等 各2通

  1. 駐車許可申請書
  2. 許可を受けようとする車両の運転者の運転免許証の写し
  3. 許可を受けようとする車両の自動車検査証の写し
  4. 許可を受けようとする駐車の場所及びその周辺の見取図(建物又は施設の名称が判別できるもので、当該駐車の場所を明示したもの)
  5. 介護関係等
    前記申請に必要な書類に加え
    • 県等からの指定通知書等
    • 訪問先一覧表
    • 従業員の資格証等の写し
      等がそれぞれの業務ごとに必要となります。
  6. その他駐車の用務、申請車両によっては他の書類等が必要となる場合がありますので、あらかじめ、申請先の警察署交通課若しくは愛知県警察本部交通規制課道路使用係まで問い合わせをしてください。

申請先

駐車を必要とする道路を管轄する警察署の交通課窓口です。

夜間休日における駐車許可の申請

執務時間内に申請するいとまがなく、現に駐車許可証(標章)の交付を受けている方が、その車両を使用して、新規の訪問先に行く場合に限り、夜間休日に手続きを取り扱います。

1対象業務

  • 医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、柔道整復師、鍼灸師による往診、訪問看護等
  • 介護保険法等による訪問看護、訪問介護等の業務

2駐車許可の対象となる場合

  • 交付を受けた駐車許可証(標章)があること。
  • 申請者、申請車両、申請の理由(業務)が同じであること。
  • 駐車許可の要件に該当すること。

3申請方法

電話又はファックスで、駐車を必要とする場所を管轄する警察署へ「駐車許可証(標章)の許可番号」「駐車を必要とする日時」「駐車を必要とする場所」を申請すること。

4駐車方法

既に交付されている駐車許可証(標章)と共に、警察署から交付を受けた「受理番号」及び「訪問先○○町○丁目」と記載した書面を駐車する際、車両の前面の見やすい箇所に掲出すること。

問い合わせ先

申請先の警察署交通課にお尋ねください。

コノハけいぶイラスト

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。