ホーム > 相談・お問合せ > 犯罪被害者支援 > 一般の方 > 相談・カウンセリング体制の整備

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

相談・カウンセリング体制の整備

各種相談窓口の設置

警察では、住民からの各種要望及び相談に応じる窓口として、警察本部に警察総合相談室を設置しています。また、電話による相談についても全国統一番号の相談専用電話「#9110番」を設置しており、警察総合相談室につながるようになっています。また、このような総合的な相談に加え、被害者のニーズに応じて、性犯罪相談、少年相談、消費者被害相談等個別の相談窓口を設けています。

カウンセリング体制の整備

犯罪により大きな精神的被害を受けた被害者に対しては、心理学的立場からの専門的なカウンセリングが必要となることがあります。そこで、警察では、その精神的被害を軽減するため、

  • カウンセリングに関する専門的知識や技術を有する職員の配置
  • 精神科医や民間のカウンセラーとの連携

などにより、被害者のための相談・カウンセリング体制を整備しています。

また、被害少年に対しては、専門職員(少年補導職員)が部外専門家等の助言を得つつ、カウンセリングを実施しています。