ホーム > 県警について > ラジオ放送(警察だより) > ぼったくり防止条例の施行(4月21日CBCラジオ)

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

プッシュ回線 #9110

ダイヤル回線 052-953-9110

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

ぼったくり防止条例の施行(4月21日CBCラジオ)

今日は愛知県内で新たに制定された条例である「酒類提供等営業に係る不当な勧誘、料金の不当な取立て等の規制等に関する条例」、いわゆる「ぼったくり防止条例」についてお知らせします。

平成26年8月ころから名古屋市中区栄地区にあるキャバクラやガールズバーなどで法外な料金を請求されたという相談が急増し、中には一人で350万円も請求されるなど昨年末までに約1,200件、請求額の総額が約1億9,000万円に及ぶ相談を受けています。

警察としましても取締りを強化するなどしたところ、かなり減少はしましたが、相談はまだありますので、より対応を強化するため「ぼったくり防止条例」を制定することにしました。

主な内容としては、キャバクラやガールズバーなどの営業に関し、

店内では、飲食代金などの料金を表示する

  • 安い料金と偽った勧誘をしない
  • 乱暴な言葉や態度で料金を取立てない
  • 客引きに連れてこられた客を店に入れない

など、ぼったくりを行う店でよく行われている行為を県内全域で規制し、違反した店に対し営業停止などの行政処分や公表を行います。

また、ぼったくりの多発する栄地区を特別区域に指定し、この区域内の違反については懲役や罰金の罰則が科せられます。

このほか、キャバクラやガールズバーなどに建物を提供するビルオーナー等に対しても、条例に違反しないよう適正にテナントを管理してもらう義務を定めております。

詳細については、愛知県警察ホームページをご覧になるか、警察本部又は最寄りの警察署にお尋ねください。