ホーム > 県警について > ラジオ放送(警察だより) > 4月の事故の特徴(4月16日東海ラジオ)

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2019年4月16日

4月の事故の特徴(4月16日東海ラジオ)

新年度が始まり、新生活や新学期を迎えこの春、運転免許を取得した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アナ>この時期は通勤・通学に車を利用する人も増えますし、来週末にはついにGWが始まりますから、交通の流れが大きく変わりますよね。

そうですね。新しい環境で慣れない道を通ったり、GWには友達とのドライブなど遠出をするなど車を利用する機会が多くなると思います。
運転免許を取りたての人も、そうでない人も交通事故に気を付けて運転していると思いますが、
過去5年間に愛知県で発生した交通死亡事故をみてみると、4月は若者を中心にドライバーによる、
スピード違反を伴う単独・追突などの交通死亡事故が深夜に多発しています。

アナ>深夜に多く発生しているんですか。しかも若い人の事故が多いのですね。

はい、原因の一つとして4月後半には、大型連休もあり、レジャーなどで深夜まで活動する機会が増加することが考えられます。

アナ>夜遅くだからスピードを出しても大丈夫だろうという考えは、悲惨な交通事故を招きかねませんね。

そのとおりです。年齢層別にみてみると、スピード違反による交通事故死者数は、
一般成人より若者が少ないものの、年齢層別の平均速度では若者が最も高い傾向にあります。
楽しいGWを過ごすためにも、いつでも時間と心にゆとりを持ち、
道路や交通の状況、天候や視界などをふまえたうえで、決められた速度を必ず守り、安全走行を心掛けてくださいね。

 

一人ひとりが安全運転を心がけて、悲しい交通事故を防ぎましょう。