安城警察署  

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

活動レポート

防犯カメラ小川町7/30

防犯カメラで犯罪抑止

2019年7月30日(火曜日)

安城市小川町の町内会事務所で防犯カメラ運用事業開始式を行いました。
昨年、安城署管内では、空き巣等の侵入盗が多発し、なかでも、小川町校区は被害の発生が最多であったため、町内会に防犯カメラの設置を依頼しました。
式典で署長は、「警察と地域とが一丸となって取り組むことで効果が上がり、犯罪抑止となります」と呼び掛け、町内会長と協議書を交わしました。
防犯カメラは犯人の検挙に役立ちます。
皆さんも不審な人を見かけたら、すぐに110番してください。

防犯教室8月6日

自分の身は自分で守る

2019年8月6日(火曜日)

安城市と知立市内の事業所の女性従業員を対象に、痴漢、盗撮等の被害を未然に防止するための体験型防犯教室を行いました。
防犯教室では、被害に遭わないための注意事項を説明するとともに、いざというときに自分の身を守る方法等を実際に体験してもらうことで、女性の危機回避能力及び自己防衛能力の向上を図り、被害の防止活動に努めました。

強盗訓練

いつでも対応できるように

2019年7月11日(木曜日)

知立市内の銀行で強盗対処訓練を行いました。
訓練は犯人役の警察官が店内に入ると、来店客を人質に取り「手を上げろ!金を出せ!」と拳銃を突き付け現金を要求、職員が現金を渡すとそのまま逃走するという想定で行われました。訓練に参加した職員からは「現実にこのような事件が起きたら冷静に対処できない。今回の訓練は非常に役に立った」との感想が聞かれました。

防犯少年団を委嘱

防犯少年団を委嘱!

2019年7月9日(火曜日)

安城市内の小学校で防犯少年団員の任命式を行いました。
当署長から団員証が手渡されると、受け取った児童たちは、「私たちは、子供の安全リーダーとして、犯罪の予防を呼び掛けます。防犯少年団の活動を通じて、地域の輪を広げます」と地域の安全を誓いました。
今後、防犯少年団は、下校時の防犯指導、PTAとの合同パトロール等様々な活動を行っていただきます。応援よろしくお願いします。

ニセ電話に注意

ニセ電話に注意!

2019年6月14日(金曜日)

年金支給日に、安城市内の信用金庫の女性職員4名に一日警察官を委嘱し、特殊詐欺被害防止キャンペーンを行いました。
今年に入り、管内では特殊詐欺被害が2件発生しています。電話でお金を要求されたり、身に覚えのない料金を請求するハガキが届いたら、詐欺かもしれません。
まずは家族や警察に相談してください。

不審者侵入訓練

不審者侵入対処訓練の実施

2019年6月10日(月曜日)

福祉施設で、夜間に不審者が侵入したという想定で訓練を行いました。
刃物を持って施設内に侵入した不審者の対処要領、非常通報装置による素早い通報、不審者の特徴や逃走方向を警察に正確に伝えられるかを確認しました。
訓練に参加された方からは「犯人の特徴や逃走方向を手順よく伝えるのは難しい」という感想が聞かれました。
もしものときのために、日頃からの訓練が重要です。

警察官の仕事体験

警察官の仕事を体験!

2019年6月5日(水曜日)

岡崎市の中学生3名が職場体験に安城警察署を訪れました。
生徒たちは管内の小学校で行われた防犯教室に警察官と一緒に参加したほか、護身術の訓練、指紋の採取、パトカー・白バイの見学等をしました。
生徒たちからは、「警察には、いろいろな仕事があることが分かりました。将来の職業の一つとして考えたいです。」との感想をいただきました。
皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

不審者対応訓練

不審者から身を守ろう

2019年5月30日(木曜日)

安城市の小学校で体験型防犯教室を行いました。児童たちは、羽交い締めにされたときに、相手の腕を振りほどいて走りだす「ロケットダッシュ」や連れ去られないように地面におしりを着けて足をばたつかさせる練習をしたほか、不審者の特徴を記憶する体験もしました。
児童の皆さん、見た目や服装だけでなく、みんなのことをじっと見ていたり、後ろをついてくる人には注意してくださいね。

自転車安全利用

自転車安全利用キャンペーン

2019年5月20日(月曜日)

安城市内の商業施設を訪れた自転車利用者に、自転車用ヘルメットの着用と交通ルール遵守を呼び掛けるキャンペーンを行いました。
また、キャンペーンの参加者は、付近を走行する車両のドライバーに向けて、サイン板や横断幕等を使って、思いやり運転をするように呼び掛けました。

きゅうり

地元特産品で交通安全キャンペーン

2019年5月17日(金曜日)

知立市内の交差点で、地元特産品の「きゅうり」を配りながら、通行者に交通安全を呼び掛けるキャンペーンを行いました。「車は急に(きゅうり)止まれません」ので、皆さんも思いやりを持った速度で安全運転をお願いします。

青パト

みんなで犯罪をなくそう

2019年5月14日(火曜日)

知立市で青パトの出発式を行いました。
雨天にもかかわらず、二輪車を含めた15台75名の防犯ボランティアの方々に参加してもらいました。
代表者は「子供が被害者となる犯罪をなくすとともに、各種犯罪の抑止に努めます。」と宣誓し、その後、知立市内を青パトでパトロールしました。
青パトには、主に薄暮時を中心に活動し、不審者等を見つけたら通報する活動をしていただきます。

学生たちと防犯啓発活動

学生たちと防犯啓発活動

2019年4月12日(金曜日)

防犯ボランティア活動を積極的に行う「防犯パートナーシップ校」に委嘱した、管内の専門学校の学生と共に防犯啓発活動を行いました。
生徒の代表者は、「1件でも犯罪が減らせるように積極的に犯罪の予防を呼び掛けます」と宣誓しました。学生たちの今後の予定としてキャンペーン・イベントなど年10回位を予定しています。
当署管内では侵入盗の被害が多発しています。
皆さんはドロボーの被害に遭わないように、出掛けるときはもちろんのこと、家にいるときでもカギを掛ける習慣を付けましょう。

空き巣にご用心

空き巣に御用心!

2019年3月25日(月曜日)

安城市の防犯ボランティアの方々と一緒に、多発する侵入盗対策として各家庭の防犯診断を行いました。住宅の門灯や窓の補助錠の設置状況や植込みが目隠しになっていないかなどをチェックし、侵入盗被害の予防活動を行いました。
この取組は「空き巣ご(5)用心の日」として、毎月5日、15日及び25日に行っています。

地域見守り活動

地域見守り活動

2019年4月8日(月曜日)

児童の下校を見守る活動を安城市の職員と行いました。この春に入学したばかりの1年生には初めての一斉下校であったため、安城署員が登下校時の注意事項と、防犯標語「つみきおに」を説明した後、下校する児童を見守りました。
「つみきおに」とは、「ついていかない、みんなといっしょ、きちんとしらせる、おおごえでたすけをよぶ、にげる」の5つの約束の頭文字です。
児童のみなさん、「つみきおに」の約束を忘れずに、怪しい人に注意しましょう!