江南警察署  

ここから本文です。

活動レポート

あゆみ

防犯・交通講話を行いました

2019年9月6日(金曜日)

管内の小学校で、愛知県警の交通安全教育チーム「あゆみ」と一緒に防犯、交通講話を行いました。
また連れ去り防止の合い言葉「つみきおに」について学び、危険な目に遭いそうになったら大声を出し助けを求める練習などをしました。
学校が始まり、外に出る機会も増えるため、交通事故にも注意しましょう。

第3回協議会

第3回警察署協議会を行いました

2019年9月6日(金曜日)

令和元年第3回警察署協議会を開催し、「交番のあり方」の議題に対して様々な意見を頂きました。
頂いた意見を警察業務に反映させるのと同時に、引き続き警察活動に協力していただけるよう努めていきます。

災害訓練

災害訓練を行いました

2019年9月3日(火曜日)

災害発生時に、素早い対応ができるよう、エンジンカッターやチェーンソーを使った訓練を行いました。
皆さんも局地的大雨や台風の発生に備え、避難場所の確認や防災グッズなどの準備や点検をして、いざという時に備えましょう。

防災訓練 岩倉

防災訓練を行いました

2019年8月25日(日曜日)

管内の自治体、地域住民の方と一緒に防災訓練を行いました。
地震が発生したとき、被害を最小限におさえるためには日頃からの備えが大切です。
・地域の避難場所はどこか
・避難経路はどの道が良いか
・家族との連絡方法について
など、いざという時に備えて家族で話し合い、確認をしましょう。

警察安全講話

日本語教室にて講話を行いました

2019年8月19日(月曜日)

管内にある日本語教室で警察安全講話を行いました。
配布した外国語の資料を見ながら、自転車の乗車方法や違反行為、110番についての話に真剣な様子で耳を傾けていました。

国際フェスティバル

国際交流フェスティバルにて広報活動をおこないました

2019年8月18日(日曜日)

管内で行われた国際交流フェスティバルで、防犯や災害、交通安全についての広報活動を行いました。
地震や風水害時の対応や注意点について、外国語で書かれたチラシを配布し、注意を呼びかけました。
また、11月に開催される「G20愛知・名古屋外務大臣会合」に伴う警備や交通規制についての理解と協力を呼びかけました。

交通安全講習会

交通安全講習会を開催しました

2019年8月19日(月曜日)

自転車やシニアカーを使用した参加体験型の安全利用講習会を行いました。
運転免許証を自主返納した方や、返納を考えている方に対して代替手段としての利用を呼びかけました。
また、シニアカーの試乗体験やシミュレーター訓練を通じて、横断歩道などの安全な利用方法を指導しました。

VR

子ども向け不審者対処教材の開発

2019年8月1日(木曜日)

現在、江南警察署では名古屋市内の高校生と共に、子どもたちに不審者と遭遇した際の対応を学んでもらおうと、VR(仮想現実)を使った教材を開発しています。
今回は、VR体験・検討会ということで、製作途中の映像を防犯少年団と地域の防犯ボランティアの方に体験してもらいまいた。
子どもたちからは、「リアルすぎて怖くて声が出なかった。」「実際に遭ったことがないので怖かった。」という感想が多く、ボランティアの方からは「夕方はもっと暗いのでは。」「不審者を自分たちで判断し、逃げるようにしたらどうか。」などといった意見が出されました。
開発を手掛ける学生たちは、「今回の意見をもとに、改良を加え完成を目指します。」と話してくれました。

自転車盗難防止

自転車盗難防止を呼びかけました

2019年8月9日(金曜日)

駅前で自転車盗難防止の広報を行いました。
自転車盗難を防ぐには、短時間の駐輪であっても、自宅であっても施錠することにより防止することができます。
また、複数のロックを使用することにより、格段に被害に遭いにくくなります。
大切な自転車を守るためにも、確実な施錠と複数施錠を心がけましょう。

リレーアタック缶

リレーアタックに注意

2019年8月8日(木曜日)

管内の幼稚園でリレーアタック防止キャンペーンを行いました。
園児が家族宛にメッセージや絵をかき、リレーアタック防止缶に貼り、「この缶に鍵を入れてね。」とプレゼントをしました。
それぞれの思いがこもった、世界で一つだけの缶を作ることができました。
自動車盗の被害が少しでも減るよう、みなさんのご家庭でも対策をしましょう。

出発式

安全なまちづくり運動出発式を行いました

2019年8月6日(火曜日)

管内の自治体、ボランティア団体の皆さんと一緒に、「安全なまちづくり運動」の出発式を行いました。
住宅を対象とした侵入盗の約3割は無施錠箇所から侵入されています。
必ず鍵かけをするとともに、犯罪を防止するための4原則「時間・光・音・地域の目」について呼びかけました。

インターンシップ

インターンシップの開催

2019年8月8日(木曜日)

インターンシップ(業務説明会)を開催し、警察官や警察職員を目指す19名の方が参加しました。
管内で行われたイベントへの参加、鑑識活動の体験、逮捕術、白バイ見学や若手警察官との懇談会など、警察業務について知ってもらいました。
参加した学生の皆さんから「イベントに参加して警察官の仕事の幅の広さを実感できました。」「若手警察官のフリートーキングでは日常生活や色々なエピソードが聞けて貴重な体験ができました。」といった感想を聞くことができました。
警察官、警察職員の仕事は非常に幅広く、あなたの能力を発揮できる場所が必ず見つかります。一緒に働ける日を心待ちにしています。

防犯講話

防犯講話を行いました

2019年8月7日(水曜日)

管内の企業にて、特殊詐欺などの防犯講話を行いました。
最近、警察官を名乗る特殊詐欺の予兆電話も増えていることから、
「長期休暇や帰省シーズンのこの時期に、家族とのコミュニケーションをとり家族が被害にあわないよう、被害防止について話し合いましょう。」
と呼びかけました。
家族で相談し合える関係を築き、家族を被害から守りましょう。

防犯講話

防犯講話でガラス割りの実演を行いました

2019年8月6日(火曜日)

管内の老人クラブの方に防犯講話を行いました。
今回は、セルフガード協会によるガラス割りの実演があり、侵入盗被害防止について呼びかけました。
CP建物部品などを利用して、
・侵入するのが「やりにくい」
・侵入するのを「やめよう」
と思わせる工夫をしましょう。
CP建物部品…一定の防犯性能があると評価した建物部品

警察署見学

警察署見学に来てくれました

2019年8月5日(月曜日)

管内の子どもたちが、警察署見学に来てくれました。
子どもたちと交通安全についての
・「ヘル」じてんしゃにのるときはヘルメット
・「シー」シートベルトカチャ
・「と」とびださない
・「ま」まもろうしんごう
・「と」どうろであそばない
「ヘルシーとまと」の約束をしました。
パトカー見学では、普段見ることのできないパトカー内を目を輝かせながら見ていました。

ぞうさんクラブ

かわいい園児からの激励

2019年8月2日(金曜日)

管内にある保育園の園児が、激励の寄せ書きを持って来署してくれました。
「おうだんほどう ふざけず あわてず わたりましょう。」
「運転手さんよくみてね 小さいぼくたち 歩いてる」
と誓いの言葉を斉唱して、交通安全について約束してくれました。
その後、白バイやパトカー、コノハけいぶと一緒に記念写真を撮りました。
今日約束してくれたことを忘れずに、楽しい夏休みを過ごしてください。

交通安全川柳

交通安全川柳の表彰式を行いました

2019年7月25日(木曜日)

管内に在住または在勤する方を対象に募集した、交通安全川柳大会の表彰式を行いました。
どの作品も交通安全、交通事故防止への思いが込められており、すばらしい作品ばかりでしたが、次の6作品を各賞に選ばせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。
〈江南署長賞〉事故防止 注意に勝る 薬なし
〈安協会長賞〉せかされて 泣く泣く返す 免許証
〈安管会長賞〉通学の 子らの安全 祈る旗
〈江南市長賞〉免許証を 返上しても いこまいか
〈岩倉市長賞〉青信号 そっと寄り添い 杖の人
〈大口町長賞〉道路には 尊い生命 歩いてる
交通事故が減少するよう、様々な活動を通じて呼びかけていきます。
表彰式後には、東亜樹さんと愛知県警察音楽隊によるステージをお届けし、盛大な拍手と温かい声援をいただきました。
交通少年団の皆さんもお手伝いありがとうございました。

交通安全運動

交通事故防止キャンペーンを行いました

2019年7月18日(木曜日)

管内の商業施設で、チャイルドシートの着用の徹底や、歩行者の保護についての広報活動を行いました。。
「子どもが嫌がるから」「ちょっとそこまでだから」と安易に考えず、チャイルドシートをきちんと使用して子どもを交通事故から守りましょう。
また運転者は横断歩道を渡ろうとしている歩行者を優先することや、歩行者の方は横断歩道を利用して道路を横断することなどを呼びかけました。

交通少年団

交通少年団への「警察本部長感謝状」伝達式を行いました

2019年7月19日(金曜日)

岩倉市内の交通少年団の日頃の活動に対して、愛知県警察本部長から感謝状を贈呈されました。
交通少年団は、毎年行われている子ども自転車大会への参加、交通監視など、積極的に交通安全啓発活動を行っています。
贈呈式終了後、交通規制標識などの清掃を行い、その後、自治体と共に飲酒運転の根絶を呼び掛ける街頭活動を行いました。

防犯少年団

防犯少年団任命式を行いました

2019年7月19日(金曜日)

大口町内の小学校で防犯少年団の任命式を行いました。
安全について勉強し、防犯について考えて行動する「子供の安全リーダー」として、児童11名を防犯少年団員として任命し、様々な活動をしてもらいます。

防犯講話

防犯講話を行いました

2019年7月12日(金曜日)

管内の高齢者施設で、防犯講話を行いました。
最近は、「息子さんに頼まれた部品を届けに来た。部品代を支払ってください。」などといった詐欺が多発しているため、
・現金の支払いを求められてもすぐに支払わないようにしましょう。
・すぐに息子さんや家族に確認してください。
・不審だと思ったら警察に通報してください。
などと呼びかけました。

連れ去り被害防止教室

連れ去り被害防止教室の開催

2019年7月11日(木曜日)

管内の保育園で園児を対象に防犯教室を行いました。
純粋な子供の心につけ込み、子供が被害者となるケースが多いため、
連れ去り防止の合言葉「つみきおに」
・「つ」知らない人についていかない
・「み」みんなといつもいっしょ
・「き」きちんと知らせる
・「お」何かあったら大声で助けを呼ぶ
・「に」こわいと思ったらすぐにげる
について分かりやすく説明し、「つみきおに」を守りましょう。
と園児たちと約束をしました。

自転車教室

自転車教室の開催

2019年7月16日(火曜日)

管内の小学校で、自転車教室を行いました。
夏休みになると自転車を利用する機会が増えることから、「止まる、見る、待つ」などの指導や、ヘルメットをきちんとかぶることを約束してくれました。
交通ルールをしっかり守り、楽しい夏休みを過ごしましょう。

リレーアタック缶贈呈式

防犯ボランティア団体に感謝状を贈呈しました

2019年7月12日(金曜日)

当署管内等で活動する防犯ボランティア団体に感謝状を贈呈しました。
同団体からは活動する地区の防犯協会にリレーアタック被害を防止する金属製の容器が寄贈されました。
今後とも県民の皆様と協力して犯罪被害防止に取り組んでいきます。

感謝状

感謝状贈呈式を行いました

2019年7月10日(水曜日)

電子マネーを騙し取る架空請求詐欺をとっさの判断で未然に防止していただいたコンビニエンスストアの方に、感謝状を贈呈しました。
電子マネーによる架空請求の被害は増加傾向にあり、年齢・性別に関係なく被害に遭っています。
怪しい請求が来ても慌てて電話をすることなく、記載された連絡先の電話番号をインターネットで検索し相手を確認しましょう。

夏の出発式

夏の交通安全県民運動出発式

2019年7月10日(水曜日)

夏の交通安全県民運動に向け、自治体や地域住民の方と出発式を行いました。
管内では横断歩道上や道路横断中の交通事故が多発していることから、横断歩道や歩道上で交通事故を発生させないため、歩行者保護を呼びかけました。
また管内の幼稚園、保育園で園児の皆さんが安全に横断歩道を渡ることができるように、江南交通安全協会と協力して横断旗を贈呈しました。

訪問詐欺

詐欺に注意

2019年6月21日(金曜日)

「息子さんに頼まれた部品を届けに来た。代金を支払ってください。」などと部品代を立て替えた名目で高齢者から現金をだまし取る詐欺が多発していることから、詐欺被害防止の広報活動を行いました。
管内の大型量販店や自治体の協力のもと、犯人の特徴や、犯人が被害者に見せた部品の写真が載ったチラシを掲示しました。
おかしいなと思ったら家族に事実の確認をし、事実がない場合は、すぐに警察に通報してください。

CATV

ケーブルテレビで情報発信

2019年6月18日(火曜日)

地元のケーブルテレビ局の協力を得て、警察官・警察職員の採用情報、防犯、交通安全、詐欺被害防止の啓発情報などを発信しました。
イベント情報や、交通事故を減らすため、交通安全スリーS運動
「ストップ・スロー・スマート」と「ハンド・アップ運動」
について呼びかけました。
今後も、交通事故や犯罪被害を防止するためのポイントなど、安心・安全な生活に役立つ情報を発信していきます。

自転車教室

体験型自転車教室を開催しました

2019年6月13日(木曜日)

県警の自転車対策部隊「B-Force(ビーフォース)」と共に、管内の小学校で小学生を対象に、参加体験型自転車教室を開催しました。
交差点内の事故が多いため、
「止まる・見る・待つ」
「自転車に乗るときは、右、左、後ろを確認する」
などと指導しました。
参加した児童たちは、自転車の乗り方について真剣に学んでいました。

ことのは学園

日本語学校で講話を行いました

2019年6月5日(水曜日)

管内の日本語学校で、外国人の方も安全に安心して暮らすことができるように、災害時の対処法や交通ルール、在留カード携帯の必要性などについて講話を行いました。
外国人留学生たちはシェイクアウト訓練で、慣れない行動に戸惑いながらも真剣に取り組んでいました。

花の日

おまわりさんいつもありがとう

2019年6月4日(火曜日)

管内にある幼稚園の園児が警察署を訪れました。
園児たちは、近くで見るパトカーや白バイに目を輝かせ、見学をしていました。
「いつも守ってくれてありがとうございます。」など心のこもった感謝の言葉とたくさんの花束をいただき、署員も「みんなの笑顔を守るためにも頑張ろうと思いました。」と話しました。

交番見学

小学生が交番見学に来てくれました

2019年6月4日(火曜日)

管内の小学生が、交番見学に来てくれました。
「なぜ警察官になったのですか。」など、様々な質問が飛び交い、警察官の話に熱心に耳を傾けメモをとっていました。
「こども110番の家」についての説明も行い、
「普段から、こども110番の家の場所を確認しておきましょう。」
とこども110番の表示プレートを覚えてもらいました。

水防訓練

防災訓練を行いました

2019年5月26日(日曜日)

管内の自治体と連携して水防・防災訓練を行いました。
集中豪雨を想定し、土嚢の設置や避難誘導などの訓練を行い、防災対策の重要性を呼びかけました。
実際の災害時には、雨音で避難などの広報が聞こえない場合もあります。
近所の様子やテレビなどの情報を見て早めに避難しましょう。

協議会

警察署協議会の開催

2019年5月21日(火曜日)

令和元年第2回警察署協議会を開催しました。
委員の皆さんからは「自転車の運転マナーを向上させるための各種広報活動などを行ってほしい」という意見をいただきました。
協議会の結果を、今後の警察活動に活かしていきます。

不審者対応訓練の様子

不審者対処訓練の実施

2019年5月20日(月曜日)

管内の保育園で不審者対処訓練を行いました。
訓練には、保育園の職員など約30名が参加し、不審者が園内に侵入してきた際の110番通報や不審者に対する声掛けの仕方、刺股(さすまた)等の使用方法などについて警察官が説明し、参加者全員が真剣に訓練に取り組みました。

江南フェス

江南警察フェスティバルの開催

2019年5月11日(土曜日)

春の安全なまちづくり県民運動と春の全国交通安全運動期間の初日に、管内の企業などと連携して、江南警察フェスティバルを開催しました。
会場では、リレーアタック防止対策の実演や、酔っ払いメガネによる疑似体験などの参加体験型イベントを行い、防犯や交通安全について呼びかけました。
また、警察官・警察職員募集についての相談コーナーを設け採用活動も行いました。
来場者からは「普段聞けない話が聞けて良かった。」「いろいろ体験できて楽しかった。」「警察が身近に感じることができた。」などといった声が聞かれました。

ayumi

交通安全教室の開催

2019年4月26日(金曜日)

高齢者の事故が多発しているため、管内の老人会の皆さんを対象に、交通安全教室を行いました。
交通安全教育チーム「あゆみ」による高齢者事故の特徴である「あじのひらき」の講話や、夜間の視認体験を行ってもらい反射材の重要性を体験してもらいました。
反射材のほかに、反射する糸を使用した帽子の紹介も行いました。
反射材を身に付け、交通事故から自分の身を守りましょう。
「あ」歩くひと
「じ」「の」自転車に乗るひと
「ひ」左から来る車と衝突
「ら」ライトが点く頃に多発
「き」近所で油断

出発式

春の全国交通安全運動出発式を行いました

2019年5月10日(金曜日)

地域住民の方や自治体と協力して、春の全国交通安全運動出発式を行いました。
管内では、自転車が第一原因となった人身事故が多発しています。
自転車だけではなく、自動車、歩行者の皆さんも交通ルールを守り事故防止に心掛けましょう。

高齢者講習

自動車学校での特殊詐欺被害防止講話

2019年4月24日(水曜日)

自動車学校の高齢者講習受講者を対象に、特殊詐欺被害防止などについての講話を行いました。
改元を口実とした手口が多発しているため、役所や金融機関などから「元号がかわるから」といった電話や封書が届いた場合は、一人で判断せず誰かに相談しましょう、と呼びかけました。

藤maturi

お祭り会場で外国人向けの広報活動を行いました

2019年4月28日(日曜日)

管内のお祭り会場で、自治体やボランティア団体と連携して、外国人に向けての広報活動を行いました。
各言語で書かれたチラシを配布し、防犯や交通安全、防災などについて呼びかけました。

遠足

小学生が来訪してくれました

2019年4月22日(月曜日)

管内の小学生が警察署見学に来てくれました。
シェイクアウト訓練や防犯・交通安全についての講話を行いました。
子供たちが考える不審者に先生がなりすまし、実際の不審者との違いを学びました。
自転車クイズでは、自転車の乗り方をわかりやすく説明しました。
パトカーや白バイの乗車体験も行いました。

藤まつり

藤まつりで交通安全・防犯講話をおこないました

2019年4月20日(土曜日)

管内で行われた江南ふじまつりで、交通安全・防犯講話を行いました。
防犯講話では、署員が「改元に便乗した特殊詐欺の電話が相次いでいるため、注意してください。」と呼びかけました。
また愛知県警察音楽隊も演奏を通じて交通安全・地域安全についての広報活動を行いました。
少しでも「おかしいな」と感じたら慌てることなく、家族や周りの人に相談してください。

新入社員

新入社員に対する講話

2019年4月15日(月曜日)

管内の企業の新入社員の方に、警察官が防犯講話を行いました。
講話では、管内の犯罪情勢を説明し、乗り物盗や特殊詐欺被害、男女間のトラブルなど、身近に潜む犯罪について事例を交え、被害防止・防犯について呼びかけました。

特殊詐欺

特殊詐欺被害防止キャンペーン

2019年4月15日(月曜日)

管内の金融機関で、特殊詐欺被害防止キャンペーンを行いました。
年金の支給日に合わせ、特殊詐欺被害防止のチラシを配り、高齢者などに被害防止を呼びかけました。
最近、管内では「警察官を名乗る者からの特殊詐欺の前兆電話がかかってきた。」という内容の通報が多数あります。
不審な電話や通知が来たら、ひとりで悩まないで家族や警察などに相談してください。

後飛保

リレーアタックに注意

2019年4月5日(金曜日)

管内の防犯パトロール隊の方に、リレーアタックによる自動車盗被害難防止を呼びかける活動をおこないました。
「リレーアタック」と呼ばれる手口は鍵をポケットなどに入れたまま施錠やエンジンスタートができるスマートキーのシステムを悪用する手口です。
リレーアタックにはスマートキーの電波を遮断する対策が有効です。電波を遮断する方法は、電波を遮断する金属製の缶にスマートキーを入れておく方法と、スマートキーの節電モードを活用する方法があります。
外出時だけでなく、自宅でも注意しましょう。
夜間には、侵入盗の被害を防ぐため合同でパトロールを行いました。

防犯

自転車には鍵かけを

2019年3月22日(金曜日)

地域の防犯ボランティア、自治体の方と一緒に防犯活動を行いました。
管内の自転車盗のうち約8割が無施錠で盗難被害に遭っています。
大切な自転車を盗まれないように、どんなに急いでいても短時間でも、駅の駐輪場はもちろん、学校や家でも必ず施錠しましょう、と呼びかけました。

青パト

パトロール隊出発式

2019年3月31日(日曜日)

新年度に向け、春の防犯パトロール隊の出発式を行いました。
代表者の方に、「犯罪の抑止」及び「安全かつ安心なまちづくり」のため活動していくことを宣言してもらいました。
会場ではブースを設け、コノハけいぶと一緒に来場者に防犯・交通安全・警察官採用などを呼びかけました。