瀬戸警察署  

ここから本文です。

活動レポート

チラシ配布依頼

~交通死亡事故の発生が止まりません!!~緊急広報チラシの配布依頼

2017年12月13日(水曜日)

年末の交通安全県民運動期間中(12月1日~10日)の10日間に、愛知県下で8名の方が交通事故で亡くなっていることから、瀬戸市民への注意喚起をするため、管内タクシー事業所に対し、乗客への緊急広報チラシの配布を依頼しました。

年末特別警戒交通検問

~交通安全県民運動期間中死亡事故多発!~年末特別警戒交通検問の実施

2017年12月12日(火曜日)

12月1日から10日までの年末の交通安全県民運動期間中に、県下では10日間で8名の方が交通事故で亡くなっていることから、国道248号で年末特別警戒夜間交通検問を実施し、通行車両に対し交通事故防止を呼びかけました。

地元ラジオH2912

地元のラジオ番組に出演しました!

2017年12月8日(金曜日)

地元ラジオ番組に出演しました。
今年、瀬戸市内で発生した事件・事故や、年末に向けて慌ただしくなる中、犯罪や交通事故に巻き込まれないための注意事項について広報をしました。

瀬戸年末警戒

年末に向けての警戒強化

2017年12月1日(金曜日)

年末に向けて、犯罪抑止、交通死亡事故抑止のために警戒活動を強化しています。瀬戸警察署では、年末の安全なまちづくり県民運動期間中の12月1日、5日の両日に、治安回復を目指すべく、官民一体となった警戒活動の出陣式が行われました。

ベルトキャンペーン

~カチッと締めて新年を迎えよう!~シートベルト・チャイルドシート着用促進キャンペーンの実施

2017年12月7日(木曜日)

「カチッと締めて新年を迎えよう!」を合言葉に、シートベルト・チャイルドシート着用率100%を目指して、新共栄橋南交差点においてキャンペーンを実施しました。瀬戸市役所のほか瀬戸交通安全協会、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブ、瀬戸高齢者交通安全協力員の協力を得て、のぼり旗、サイン板により通行車両等に対しシートベルト、チャイルドシートの全席着用を呼びかけました。
【ドライバーの皆さんへ】
運転者は、同乗者に声かけをし、シートベルト(チャイルドシート)を着用したかどうかを確認してから出発しましょう!

酒1206

~飲酒運転は、しない!させない!飲まさない!~飲酒運転撲滅キャンペーンの実施

2017年12月6日(水曜日)

飲酒運転ゼロを目指し、記念橋交差点において飲酒運転撲滅キャンペーンを実施しました。瀬戸警察署、瀬戸市役所のほか瀬戸交通安全協会、瀬戸交通安全活動推進委員の参加を得て、のぼり旗、サイン板により通行車両、自転車、歩行者に対し飲酒運転の撲滅を呼びかけ、交通安全意識の高揚を図りました。

「しない」:運転する時は飲酒しない
「させない」:お酒を飲んだ人には運転させない
「飲まさない」:運転するおそれがある人には、お酒を勧めたり飲まさない

交通安全教室1206

~交通事故にあワン!~ドライブシミュレーターを活用した交通安全教室を実施しました

2017年12月6日(水曜日)

道泉連区居住の高齢者を対象に、ドライブシミュレーターを活用した交通安全教室を実施しました。県下及び瀬戸市の事故発生状況、「横断時の左からの車両に注意」「早朝・薄暮時の反射材の活用」にも触れ、参加者の交通事故防止意識の高揚に努めました。参加者は、ドライブシミュレーターに苦戦しながらハンドル操作に挑んでいました。また、参加者には交通事故ゼロを目指し「交通事故にあワン!」と題した戌の置物を配布しました。

marugo1205

~プロに体験していただきました~ドライブシミュレーターを活用した交通安全教室の実施

2017年12月5日(火曜日)

管内の運送事業所においてドライブシミュレーターを活用した交通安全教室を実施しました。県下及び瀬戸市の事故発生状況を説明し、高齢者が被害に遭う事故が多発していることから、早朝・薄暮時の注意喚起をしました。参加した社員らは、日頃トラックを運転するプロドライバーですが、初めて体験するシミュレーターにプロの威信をかけて臨んでいました。

dora1204

~今一度自分の運転を見直そう!~市役所でドライブシミュレーターを活用した交通安全教室を行いました

2017年12月4日(月曜日)

年末の交通安全県民運動に入り、瀬戸市役所においてドライブシミュレーターを活用した交通安全教室を実施しました。会場では、交通啓発DVDも上映し、年末年始にかけての交通事故防止を呼びかけました。また、靴用反射材を配布し、反射材の利用促進を促しました。シミュレーターの結果は様々でしたが、「自分の運転を見直すいい機会になった」と好評でした。老若男女、たくさんの参加を得ましたが、参加者は初めて受けたドライブシミュレーターに真剣な面持ちで臨んでいました。

jidoukankaigi1201

~子どもたちのより良き環境を目指して!~瀬戸児童館運営会議における交通安全講話

2017年12月1日(金曜日)

せとっこファミリー交流館で実施された瀬戸児童館運営会議において、交通安全講話を実施しました。県下及び瀬戸市の事故発生状況を説明し、特に高齢歩行者の死亡事故が多発している現状を伝え、幼児、児童に対しても事故防止広報を依頼しました。

hokenn1130

【交通事故NO作戦!】AICHI脱ワーストROAD SAFETY PROJECT

2017年11月30日(木曜日)

AICHI脱ワーストROAD SAFTY PROJECTに基づき、保険会社の協力を得て、名鉄尾張瀬戸駅改札付近及び窯神橋交差点において、歩行者保護キャンペーンを実施しました。改札口では、駅利用者に歩行者保護のチラシを配布し、交差点では、サイン板などにより通行車両などに交通事故防止を訴えました。
【AICHI脱ワーストROAD SAFETY PROJECT】
2017年のテーマ「歩行者保護」
具体アクション
・夜間の歩行時は、反射材をつけて身を守ろう!
・夜間走行時はスピード減速&ハイビームが基本
・ながらスマホは絶対にやめよう
・横断歩道は歩行者優先!
・高齢者の交通安全をみんなでサポートしよう!

shupatushiki1130

【交通事故NO作戦!】交通安全出発式及び広報の実施

2017年11月30日(木曜日)

12月1日から始まる年末の交通安全県民運動に向けて、瀬戸警察署において、瀬戸市長、市議会議長、瀬戸交通安全協会など各種団体の参加を得て、交通安全出発式を行いました。出発式のあとパトカー及び市役所広報車などに分乗し広報を行い、市民の皆様に交通事故防止を呼びかけました。

youchien1129

【交通事故NO作戦!】園児に対する交通安全教室の実施

2017年11月29日(水曜日)

市内交通児童遊園「せとクルランド」において、来春新1年生にあがる市内の幼稚園児に対し、横断歩道における正しい横断方法の訓練に重点をおいた交通安全教室を実施しました。訓練に先立ち室内において腹話術などで交通ルールを学び、その後屋外の交通コースにおいて、横断歩道での安全確認動作や手挙げ横断、傘での横断合図、踏切での横断方法などを学びました。参加した園児らは、雨上がりの冷たい風の吹く中、元気に訓練に励んでいました。

jikoboushi1125

【交通事故NO作戦!】交通事故防止キャンペーンの実施

2017年11月25日(土曜日)

瀬戸蔵前の国道363号沿いで、瀬戸警察署、一日女性警察官を委嘱されたミスせともの3名、瀬戸市役所、交通安全応援大使「せとちゃん」、瀬戸交通安全協会、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブなど各種団体が参加して交通事故防止キャンペーンを実施しました。また、本キャンペーンには、瀬戸交通少年団、瀬戸ボーイスカウトも参加し、のぼり旗、サイン板により通行車両などに交通事故防止を呼びかけました。

kekitaikai1125

【交通事故NO作戦!】交通安全総決起大会の実施

2017年11月25日(土曜日)

瀬戸蔵において、交通安全総決起大会を開催しました。大会では、ミスせともの3名を一日女性警察官として委嘱し、交通安全宣言を行いました。また、警察本部交通安全教育チーム「あゆみ」の交通安全教室、警察音楽隊の演奏及び交通安全教室も行われ、参加者は、横断時の注意点、交差点における一時停止と安全確認について詳しく学び、交通事故防止を誓いました。

hagiyama1124

【交通事故NO作戦!】児童に対する交通安全教室の実施

2017年11月24日(金曜日)

市内の小学校において、警察本部交通安全教育チーム「あゆみ」、警察音楽隊と連携し交通安全教室を実施しました。生徒たちは、自転車の基本ルールである「5つの左」と「止まる・見る・待つ」について自転車を用いて、基本ルールの重要性を学びました。また、ヘルメットの正しい着用方法にも触れ、生徒をモデルに「あごひもの隙間は指2本」の実演指導をしました。

youchien1122

【交通事故NO作戦!】園児に対する交通安全教室の実施

2017年11月22日(水曜日)

市内交通児童遊園「せとクルランド」において、来春新1年生にあがる市内の幼稚園児に対し、横断歩道における正しい横断方法の訓練に重点をおいた交通安全教室を実施しました。訓練に先立ち室内において腹話術などで交通ルールを学び、その後屋外の交通コースにおいて、横断歩道での安全確認動作や手挙げ横断、踏切での横断方法などを学びました。参加した園童らは、冷たい風の吹く中、元気に訓練に励んでいました。
【保護者の方へ】
子どもへの安全教育は、日常生活を通じて行ってください。また、親(保護者)は子の手本です。子どもはすぐに真似をしますので、子どもの模範となるようお願いします。

kenshuukai1121

【交通事故NO作戦!】あいあいクラブ研修会における交通安全教室の実施

2017年11月21日(火曜日)

瀬戸市文化センターにおいて行われた瀬戸あいあいクラブ研修会において、高齢者に対する交通安全教室を実施しました。瀬戸警察署と警察本部交通安全教育チーム「あゆみ」、警察音楽隊と連携し、寸劇などを通し「止まる・見る・待つ」の基本ルール、交通安全3S運動などの重要性を話しました。特に横断時の左側からの車に対する安全の再確認や、体調不調時の運転の中止などにも触れ、事故防止を訴えました。

rokomo1120

~交通事故NO作戦!~ロコモティブシンドローム体操教室への出前講話

2017年11月20日(月曜日)

やすらぎ会館で開催されたロコモティブシンドローム体操教室に参加した高齢者に対し、交通課長が道路の横断時の注意点、シートベルト・チャイルドシートの着用促進、反射材を活用した夜間の交通事故防止についての交通安全講話を実施し、反射材を配布しました。特に道路を横断する際には、「遠くに見えても車は速い!確実に車が止まるか、通り過ぎるまで待ちましょう」と説明しました。
【ロコモティブシンドロームとは】
運動器症候群のことで、「座る・立つ・歩く」などの身体運動にかかわる運動器「骨・関節・筋肉など身体を支え動かす器官」がうまく動かなくなり、自立した生活が困難となって、介護の危険性が高くなった状態のことです。

beruto1120

~交通事故NO作戦!~シートベルト・チャイルドシート着用促進キャンペーンの実施

2017年11月20日(月曜日)

「カチッと100!」を合言葉に、シートベルト・チャイルドシート着用率100%を目指して、新共栄橋南交差点においてキャンペーンを実施しました。瀬戸警察署、瀬戸市役所のほか瀬戸交通安全協会、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブ、瀬戸高齢者交通安全協力員の協力を得て、のぼり旗、サイン板により通行車両等に対しシートベルト、チャイルドシートの全席着用を呼びかけました。

jitensha1116

~好成績で見事上位入賞しました!~交通安全高齢者自転車愛知県大会の結果

2017年11月16日(木曜日)

名古屋市港区のイベント会場において交通安全高齢者自転車愛知県大会が開催され、瀬戸警察署から5人の選手が出場しました。大会参加最高齢の管内の男性選手が個人の部において上位入賞しました。

meinichi1115

~交通事故NO作戦!~交通キャンペーンの実施

2017年11月15日(水曜日)

昨年の11月15日に交通死亡事故が発生した路線において、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブの参加を得て、交通事故防止キャンペーンを実施しました。通行車両に対し、のぼり旗、サイン板により「交通安全3S運動の周知」「早めのライト点灯」「シートベルト、チャイルドシートの着用促進」「夜間ハイビームの促進」を訴えました。
【交通安全3S運動】
Stop
:赤信号、一時停止場所では必ずストップ
:横断歩道や交差点では歩行者優先
:飲酒運転の根絶
Slow
:見通しの悪い交差点では徐行
:子どもや高齢者を見かけたら速度を控える
Smart
:シートベルト全席着用の徹底
:思いやりを持ったスマートな運転

hagiyama11.16

不審者防犯訓練

2017年11月16日(木曜日)

管内の保育園で、不審者が園内に入ってきた際の防犯訓練を行いました。
訓練を通じ、園児は先生の言うことをしっかり聞き避難することができ、先生方へは不審者対応方法などを身に付ける教養を行い、実践的な訓練をすることができました。

keiyukaiseto1116

警友会パトロール

2017年11月15日(水曜日)

元警察官の団体と協力して、瀬戸市に新しくオープンしたスーパーマーケットで、特殊詐欺被害防止を目的として作成した「だまされたふりかけ」を配布し、特殊詐欺の広報と注意喚起を行いました。

siyakuseto1115

瀬戸市役所防犯訓練

2017年11月14日(火曜日)

瀬戸市役所において、来庁者が暴れるという想定の防犯訓練を実施しました。
市職員が連携し、刺股を使用するなどして、警察官がかけつけるまでの訓練を行いました。
刺股の使用方法の教養も実施し、効果的な訓練になりました。

roujinkai1114

【交通事故NO作戦!】老人クラブ役員会における交通安全講話の実施

2017年11月14日(火曜日)

やすらぎ会館で実施された老人会の役員会において、交通課長が交通安全講話を実施しました。県下の交通死亡事故状況、運転手から見た右から横断の問題点、大型貨物等の死角、事故防止のポイント12月について説明し各チラシを配布しました。また、管内で多発したカーナビの盗難、架空請求の対処法にも触れ、各部会における諸活動の際に広報を依頼しました。

shikakuchirashi1110

~「交通事故NO作戦!」~書類記載台での交通安全広報の実施

2017年11月10日(金曜日)

瀬戸警察署では、交通課免許棟において、書類記載台のデスクマット内に,トラックやダンプカーの死角への注意喚起を促す「死角にご注意!!」チラシを掲示し、免許手続き等に訪れた県民・市民に対し、広く交通事故防止を呼びかけています。

radi01110

【交通事故NO作戦!】交通課長が地元コミュニティラジオ局に出演し交通広報

2017年11月10日(金曜日)

交通課長が瀬戸市内のコミュニティラジオ局の番組に出演しました。「瀬戸市内及び県下の事故情勢」「ハイビーム運動」「早めのライト点灯」「反射材の有効活用」「あおり運転と対処法」「ハートフルライン」等について交通安全広報を行いました。

hatanishi1109

~交通事故NO作戦!~死角ってなぁ~に?

2017年11月9日(木曜日)

市内小学校において、交通安全教育チーム「あゆみ」と連携し、2年生児童を対象に、自転車教室、トラックの死角体験を実施しました。体育館において自転車の基本ルールに重点を置いた教室を実施し、グランドでは、管内企業の協力を得て、ラッピングトラック2台を用い、実際に児童を運転席に座らせ、死角を体験しました。参加した児童から「死角ってなぁ~に?」と質問がありましたが、実際に運転席から見えない死角を体験し、「こんなに見えないんだ!」とトラックの死角の広さに驚いていました。参加した児童らは、死角の怖さを体験し、交通ルールを守りますと約束してくれました。
【ラッピングトラック】
管内企業所有のトラックの後部扉に、参加小学校の児童が描いた絵がカッティングシートとして貼り付けられているトラックで、全国を走行しています。

raiderschool1105

~誰よりもセーフティーライダーを目指して!~ライダースクールの実施

2017年11月5日(日曜日)

瀬戸警察署、愛知警察署の合同で、管内自動車学校において、自動二輪車の運転技術の向上を目指し、ライダースクールを実施しました。白バイ2台の先頭誘導により、コースを走行したのち、高度なテクニックを要するバランス走行などを白バイ隊員がデモンストレーション走行し、続いて参加者が訓練をしました。
二輪車の事故は、重大事故につながります。ライダーのみなさん、交通ルールを守り安全運転に努めてください。

ion1105

~交通事故NO作戦!~ショッピングモールのスタッフの方とキャンペーンを実施しました

2017年11月5日(日曜日)

管内ショッピングモールにおいて、スタッフの方と交通事故防止キャンペーンを実施しました。ブースでは、来店した児童を対象に、交通安全やくそく手形を作り、高齢者の方には、警察官が靴に直接反射材を貼り付けるなど、各種反射材を配布し、チビッ子警察官の写真撮影も行い、パトカーの体験乗車もしました。また、交通課、生活安全課、警備課がチラシを配布し、交通事故防止、カーナビの盗難防止、大地震時の対応などを呼びかけました。

seikatuten1103

~交通事故NO作戦!~「はひふへほ」のおやくそく、まもります!

2017年11月3日(金曜日)

文化センターで行われた「みんなの生活展」警察ブースにおいて交通事故防止キャンペーンを実施しました。ブースでは、チビッ子警察官の制服を着て写真撮影をしたり、児童から高齢者まで、「交通安全やくそく手形」を多数作成し、交通事故防止を誓いました。
【交通安全やくそく手形】~「はひふへほ」のおやくそく~
は…はしらない。
ひ…ひろがらない。
ふ…ふざけない。
へ…へんなひとについていかない。
ほ…ほどうをあるく。

jip1101

~交通事故NO作戦!~交通事故防止キャンペーンの実施

2017年11月1日(水曜日)

昨年の11月1日に発生した交通死亡事故の発生路線において、瀬戸市内のドラッグストアーの協力、瀬戸交通安全協会、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブの参加を得て、店舗前の道路において交通事故防止キャンペーンを実施しました。キャンペーンでは、のぼり旗、サイン板などで通行車両等に対し交通事故防止を訴えました。日没が早くなってきました。暗い道ではヘッドライトを小まめに切り替え、ハイビームを有効活用して交通事故防止に努めてください。

komeda1101

~交通事故NO作戦!~反射材配布・利用促進キャンペーンの実施

2017年11月1日(水曜日)

瀬戸警察署では、11月中「交通事故NO作戦!」を実施します。昨年の11月1日に発生した交通死亡事故現場付近の喫茶店で、反射材配布・利用促進キャンペーンを実施しました。店内のお客さんに反射材と利用促進のチラシを配布し、夕暮時、夜間での反射材の利用を呼びかけました。
瀬戸市内では、昨年の11月には、2件の交通死亡事故が発生しました。日没が早くなっています。まだ早いかなと思っても、午後4時にはヘッドライトを点灯してください。また、道路を横断する際は、左右の安全を十分に確認して横断してください。
【交通事故NO作戦!】
N:nobembar
O:事故ゼロ

chirashi1030

~出勤、退社時の運転に注意!!~企業に対する交通安全啓発チラシの配布

2017年10月30日(月曜日)

出勤、退社時の交通死亡事故が多発していることから、瀬戸警察署において、管内の企業に対し、交通安全啓発チラシを配布しました。また、朝礼時にチラシを配布し、その際に事故防止教養を依頼しました。
POINT!
・発生時間帯:午後5時~7時
・加害者側通行目的:退社時
・薄暮時は交通量が多い上、薄暗く視認性が低下します。運転する際は特に注意しましょう!

yuen1028

~「5つのひだり」忘れないで!~親子自転車教室の実施

2017年10月28日(土曜日)

交通児童遊園「せとクルランド」の児童遊園まつり会場において、市役所子ども家庭課交通児童遊園職員及び自転車安全安心モデル校と連携し、児童及び保護者に対する自転車教室を実施しました。
教室では、クイズ等により自転車の基本ルールである「5つの左」と一時停止の重要性を学習するなど、楽しく交通ルールを学びました。
また、ご当地ヒーロー「陶神オリバー」が協力し交通児童遊園が制作した「こうつうルールをまもるんるんたいそう」も発表され、参加者で楽しく体操をし交通ルールの重要性を学びました。
【5つの左】
1左側から乗る
2左足をつく、右足はペダルの上
3道路の左端を通る
4ブレーキは左からかける
5左側におりる

boy1025

ボーイスカウト会議における交通安全講話の実施

2017年10月25日(水曜日)

瀬戸ボーイスカウト会議において交通安全講話を実施しました。県下の交通事故情勢を説明し、多発傾向にある「右からの横断者との事故」について詳しく解説しました。また、冬が近づくにつれ、日没が早くなることから、早めのライト点灯・反射材の有効活用・夜間のハイビームの促進チラシ及び反射材を配布し、各団において交通事故防止の広報を依頼しました。

bunkakouenkai1025

~必ず付けよう反射材!~仏教会からもご協力いただきました

2017年10月25日(水曜日)

高齢者の交通死亡事故が多発していることから、瀬戸交通安全協力寺院の参加を得て、文化講演会会場において、来場した高齢者を中心に反射材を配布するキャンペーンを行いました。また、会場では、早めのヘッドライトの点灯を呼びかけるチラシも配布し、来場者に薄暮時、夜間の交通事故防止を呼びかけました。夜間、歩行中の交通事故が多発しています。外出する際は、明るい服装に反射材を身に付けましょう。

yojikarachirashi

~11月からは午後4時です!~4時から点灯の推進チラシ配布中

2017年10月25日(水曜日)

交通課免許窓口において、免許の更新等で来署した方々に、ヘッドライトの早めの点灯を促す「4時から点灯の推進!」チラシの配布を開始しました。冬が近づくにつれ夕暮れが早くなります。ヘッドライトを点灯させることは、車の存在を知らせる有効な手段です。午後4時にはヘッドライトを点け、交通事故防止に努めてください。

minamiyama1019

~さるおくんと一緒に勉強したね!~園児に対する交通安全教室の実施

2017年10月19日(木曜日)

瀬戸市内の保育園において、警察本部交通安全教育チーム「あゆみ」と連携し、全園児に対する交通安全教室を実施しました。教室では、手人形の「さるおくん」、お散歩ゲームを通じ、基本的な交通ルールと命の尊さを学びました。また、カラーマットを横断歩道に見立て、手挙げ横断の訓練も実施しました。参加した園児らは元気よく手を挙げて訓練に励んでいました。

hakuboji1018

~早く帰りたくてもちゃんと安全確認!~薄暮時における児童対象横断指導の実施

2017年10月18日(水曜日)

事故が起きやすい薄暮時において、下校する児童らに対する横断指導を実施しました。児童らは学校が終わり帰宅を急ぎ、足早になりがちなので、横断歩道において、左右の安全をよく確認し、手を挙げ横断するよう指導しました。児童らは「1年生の時の訓練を思い出した」と初心にかえって事故防止を誓いました。

tounanboushi

ナンバープレート盗難防止ネジ普及キャンペーン

2017年10月18日(水曜日)

管内のスーパーにて、瀬戸自動車販売整備防犯組合、水南連区自治会協力の下、ナンバープレート盗難防止ネジ普及キャンペーンを行いました。
本年、県内で多発し、増加傾向にあるナンバープレートの盗難被害を抑止するため、数多くの方に盗難防止ネジの有効性を知ってもらい、車に取り付けてもらうことを目的として、広報チラシの配布や希望者の方への盗難防止ネジの配布、取付作業をしました。
盗難防止ネジを付けることで、ナンバープレートを盗まれる危険性をぐっと下げることができます。
被害に遭う前に、盗難防止ネジを取り付けましょう!

feel1016

~反射材で「自分を見せる!目立たせる」!~高齢者対象反射材配布キャンペーンの実施

2017年10月16日(月曜日)

薄暮時の午後4時すぎ、スーパーへ買い物に訪れた高齢者に対し、反射材と反射材の着用を呼びかけるチラシを配布しました。来店した高齢者に県下の交通事故状況などを説明し、また、警察官が反射材を高齢者の手提げ鞄や直接衣服の上から着けるなど、効果的な活用法を指導しました。

groumdgolf1011

~早朝、薄暮時の外出には反射材を忘れないで!~ミニミニ交通安全講話と反射材の配布

2017年10月11日(水曜日)

水南連区居住の高齢者の方々が市民公園にて行うグラウンドゴルフの練習におじゃまし、ミニミニ交通講話を実施しました。今月2日に発生した交通死亡事故の問題点を説明し、防止策などを検討しました。また、反射材を配布し、腕用反射材を右腕に巻き、靴用反射材をかかとの部分に貼り付け、強い意気込みで事故防止を誓いました。

koushuu1010

~10月のライト点灯目安時刻は午後4時半!~免許講習会場における交通安全講話の実施

2017年10月10日(火曜日)

免許講習会場である陶原公民館において、受講者に対する交通安全講話を実施しました。今月2日に発生した交通死亡事故の特報、早めのヘッドライト点灯を促すチラシを配布し、右側から横断する歩行者・自転車への注意点を説明しました。また、これから日没時間が早くなることから、10月のヘッドライト点灯目安時間が「午後4時半」であることを伝え、早めのヘッドライトの点灯を呼びかけました。

roujinklub1010

~反射材利用とハイビームの活用を広めて!~老人クラブ役員会における交通安全講話の実施

2017年10月10日(火曜日)

老人クラブ役員会において交通安全講話を実施しました。9月2日、10月2日と、夜間に歩行者と車の交通死亡事故が発生したことから役員に対し、夜間反射材の積極的な利用とハイビームの活用促進について、各部会での広報を依頼しました。

kasugai

~自転車大会で上位を目指すぞ!~自転車大会講習会に参加しました

2017年10月6日(金曜日)

今年11月に開催される交通安全高齢者自転車愛知県大会出場に向け、春日井市総合福祉会館において開催された自転車講習会に参加しました。選手は上位を目指し模擬コース上で係員から個別に指導を受け、高度な技術を要するジグザグ走行や8の字走行、板乗り走行などに真剣に取り組んでいました。今回開催された講習会参加者で最高齢の瀬戸チームのメンバー1人が、参加者を代表して自転車講習修了証を受け取りました。

futaba1004

~私はここにいます~高齢者入所施設における反射材教室の実施

2017年10月4日(水曜日)

高齢者入所施設において、入所高齢者及び施設スタッフに対し、反射材の効果的活用法に重点をおいた交通安全教室を実施しました。靴用、腕用、タスキ型反射材を配布し、警察官が入所者の靴に反射材を貼り付けました。また、反射材にライトを当て、参加者全員で反射材の効果を確認しました。参加者からは「反射材はピカッと光って、”私はここにいます”と知らせてくれますね」などの感想をいただきました。

oyako1002

~ブタさん、ウサギさん、パンダさんで寸劇!~母と子の交通安全教室の実施

2017年10月2日(月曜日)

市内交通児童遊園「せとクルランド」において、市役所子ども家庭課と連携し、母と子(幼児・児童)の交通安全教室を実施しました。始めに室内において、警察官がパンダ、児童遊園の職員と児童が、ブタとウサギに扮し、寸劇を通じて、チャイルドシートの重要性や基本的な交通ルールを学びました。その後、屋外の交通コースにおいて、手挙げ横断を学びました。お子様を持つ保護者の方は、日常生活を通じて交通ルールを教えましょう。

trackshikaku0929

~死角の広さにビックリ!~トラックの死角体験教室の開催

2017年9月29日(金曜日)

9月24日発生した重傷ひき逃げ事故の発生を踏まえ、瀬戸警察署駐車場においてトラックの死角体験教室を実施しました。トラックの死角をロープを張ることで、わかりやすく表示し、免許更新のため来署した高齢者の方に実際に死角の広さを体験していただきました。また、これから日没が早くなることから、死角体験者に反射材を配布し、効果的な活用法を指導しました。体験者からは「こんなに死角が広いとは思いませんでした。」と感想をいただきました。