瀬戸警察署  

ここから本文です。

活動レポート

hakuboji1018

~早く帰りたくてもちゃんと安全確認!~薄暮時における児童対象横断指導の実施

2017年10月18日(水曜日)

事故が起きやすい薄暮時において、下校する児童らに対する横断指導を実施しました。児童らは学校が終わり帰宅を急ぎ、足早になりがちなので、横断歩道において、左右の安全をよく確認し、手を挙げ横断するよう指導しました。児童らは「1年生の時の訓練を思い出した」と初心にかえって事故防止を誓いました。

tounanboushi

ナンバープレート盗難防止ネジ普及キャンペーン

2017年10月18日(水曜日)

管内のスーパーにて、瀬戸自動車販売整備防犯組合、水南連区自治会協力の下、ナンバープレート盗難防止ネジ普及キャンペーンを行いました。
本年、県内で多発し、増加傾向にあるナンバープレートの盗難被害を抑止するため、数多くの方に盗難防止ネジの有効性を知ってもらい、車に取り付けてもらうことを目的として、広報チラシの配布や希望者の方への盗難防止ネジの配布、取付作業をしました。
盗難防止ネジを付けることで、ナンバープレートを盗まれる危険性をぐっと下げることができます。
被害に遭う前に、盗難防止ネジを取り付けましょう!

feel1016

~反射材で「自分を見せる!目立たせる」!~高齢者対象反射材配布キャンペーンの実施

2017年10月16日(月曜日)

薄暮時の午後4時すぎ、スーパーへ買い物に訪れた高齢者に対し、反射材と反射材の着用を呼びかけるチラシを配布しました。来店した高齢者に県下の交通事故状況などを説明し、また、警察官が反射材を高齢者の手提げ鞄や直接衣服の上から着けるなど、効果的な活用法を指導しました。

groumdgolf1011

~早朝、薄暮時の外出には反射材を忘れないで!~ミニミニ交通安全講話と反射材の配布

2017年10月11日(水曜日)

水南連区居住の高齢者の方々が市民公園にて行うグラウンドゴルフの練習におじゃまし、ミニミニ交通講話を実施しました。今月2日に発生した交通死亡事故の問題点を説明し、防止策などを検討しました。また、反射材を配布し、腕用反射材を右腕に巻き、靴用反射材をかかとの部分に貼り付け、強い意気込みで事故防止を誓いました。

koushuu1010

~10月のライト点灯目安時刻は午後4時半!~免許講習会場における交通安全講話の実施

2017年10月10日(火曜日)

免許講習会場である陶原公民館において、受講者に対する交通安全講話を実施しました。今月2日に発生した交通死亡事故の特報、早めのヘッドライト点灯を促すチラシを配布し、右側から横断する歩行者・自転車への注意点を説明しました。また、これから日没時間が早くなることから、10月のヘッドライト点灯目安時間が「午後4時半」であることを伝え、早めのヘッドライトの点灯を呼びかけました。

roujinklub1010

~反射材利用とハイビームの活用を広めて!~老人クラブ役員会における交通安全講話の実施

2017年10月10日(火曜日)

老人クラブ役員会において交通安全講話を実施しました。9月2日、10月2日と、夜間に歩行者と車の交通死亡事故が発生したことから役員に対し、夜間反射材の積極的な利用とハイビームの活用促進について、各部会での広報を依頼しました。

kasugai

~自転車大会で上位を目指すぞ!~自転車大会講習会に参加しました

2017年10月6日(金曜日)

今年11月に開催される交通安全高齢者自転車愛知県大会出場に向け、春日井市総合福祉会館において開催された自転車講習会に参加しました。選手は上位を目指し模擬コース上で係員から個別に指導を受け、高度な技術を要するジグザグ走行や8の字走行、板乗り走行などに真剣に取り組んでいました。今回開催された講習会参加者で最高齢の瀬戸チームのメンバー1人が、参加者を代表して自転車講習修了証を受け取りました。

futaba1004

~私はここにいます~高齢者入所施設における反射材教室の実施

2017年10月4日(水曜日)

高齢者入所施設において、入所高齢者及び施設スタッフに対し、反射材の効果的活用法に重点をおいた交通安全教室を実施しました。靴用、腕用、タスキ型反射材を配布し、警察官が入所者の靴に反射材を貼り付けました。また、反射材にライトを当て、参加者全員で反射材の効果を確認しました。参加者からは「反射材はピカッと光って、”私はここにいます”と知らせてくれますね」などの感想をいただきました。

oyako1002

~ブタさん、ウサギさん、パンダさんで寸劇!~母と子の交通安全教室の実施

2017年10月2日(月曜日)

市内交通児童遊園「せとクルランド」において、市役所子ども家庭課と連携し、母と子(幼児・児童)の交通安全教室を実施しました。始めに室内において、警察官がパンダ、児童遊園の職員と児童が、ブタとウサギに扮し、寸劇を通じて、チャイルドシートの重要性や基本的な交通ルールを学びました。その後、屋外の交通コースにおいて、手挙げ横断を学びました。お子様を持つ保護者の方は、日常生活を通じて交通ルールを教えましょう。

trackshikaku0929

~死角の広さにビックリ!~トラックの死角体験教室の開催

2017年9月29日(金曜日)

9月24日発生した重傷ひき逃げ事故の発生を踏まえ、瀬戸警察署駐車場においてトラックの死角体験教室を実施しました。トラックの死角をロープを張ることで、わかりやすく表示し、免許更新のため来署した高齢者の方に実際に死角の広さを体験していただきました。また、これから日没が早くなることから、死角体験者に反射材を配布し、効果的な活用法を指導しました。体験者からは「こんなに死角が広いとは思いませんでした。」と感想をいただきました。

mokugekisha

~ご協力ありがとうございました!~交通事故目撃者への感謝状贈呈

2017年9月28日(木曜日)

9月24日発生した重傷ひき逃げ事故の目撃者の方に瀬戸警察署長より感謝状を贈呈しました。有力な目撃情報が決め手で、犯人を逮捕することができました。警察の活動は、市民の皆様のご理解とご協力なしでは遂行できません。今後とも変わらぬご協力をお願いします。

kourousha

~今後とも変わらぬご支援、ご協力をお願いします~交通安全功労者等表彰伝達式を行いました

2017年9月28日(木曜日)

瀬戸警察署署長室において中部管区警察局長・中部交通安全協会協議会長連名表彰の他8名の方の表彰伝達式を行いました。受賞された方々には、永年に渡り地域の交通安全のためにご支援、ご協力をいただき、ありがとうございました。今後も引き続き模範ドライバーとして交通安全活動へのご支援、ご協力をよろしくお願いします。

tero

変電所を標的とした電力事業者との合同テロ対処訓練の実施

2017年9月27日(水曜日)

瀬戸警察署では、重要な生活インフラでもある変電所を標的とした爆弾テロへの対処能力を高めるため電力会社と合同でテロ対処訓練を実施しました。2010年ラグビーワールドカップや2020年東京五輪・パラリンピックを見据えた訓練で、「変電所周辺を不審車両が徘徊している」との通報に基づき、社員と警察官が連携して不審者を確保しましたが、車両内に爆発物を所持していたことから周辺規制を実施し、機動隊の爆発物処理班が爆発物の処理に当たりました。訓練には、電力会社の従業員が参加し、不審車両の発見、110番通報、周辺規制と施設の安全確認など初動対応を確認しました。

hatayamahigashikouhou0927

~私たちの思いがみんなに届きますように!~小学生によるパトカーマイク広報の実施

2017年9月27日(水曜日)

市内の小学生がパトカーに乗車し、通学路で交通安全広報を実施しました。児童らはパトカーに乗車し小学校周辺でパトカーのマイクで交通事故防止を呼びかけました。また、パトカーから降り、登校中の児童及び通行車両などにマイクで事故防止を呼びかけました。呼びかけた児童らは、「交通事故がゼロになるように」と思いを込めて広報しました。

tentokichi0926

~AICHI脱ワースト!~交通安全テント基地の実施

2017年9月26日(火曜日)

秋の全国交通安全運動の広報拠点として、市民が集う瀬戸蔵の広場に交通安全テント基地を設置し、セレモニー・広報啓発活動を実施しました。セレモニーでは、瀬戸市長、瀬戸警察署長のあいさつに続いて「ミスせともの」からの交通安全宣言「スリーS運動の実践」のあと、サイン板、のぼり旗により通行車両等に交通事故防止を呼びかけました。

houkokukai1

ドアホン社会実験報告会(新郷連区)

2017年9月22日(金曜日)

瀬戸市新郷連区で行われたドアホン社会実験結果報告会で、署長や生活安全課長が出席し、防犯カメラの抑止力や重要性等についての講話を行いました。

この社会実験では、瀬戸市新郷連区で大学と企業が協力して、希望した100世帯に対しドアホンを設置し、犯罪抑止効果等の検証をしました。
※ドアホンとは、カメラ付インターホンのことで、常時録画をする設備となります。
実験期間は、平成28年1月31日から平成29年3月31日の間でしたが、
刑法犯52件(前年比-5件)
侵入盗6件(前年比-6件)
と一定の効果が得られることがわかりました。
また実験期間中には、ドアホンに写った画像を元に2件の空き巣犯人を検挙することができました。
実験終了後も、設置したドアホンは自治会で運用していく予定で、今後も犯罪抑止・検挙が期待されます。

belt0925

~全席着用を目指して!~シートベルト・チャイルドシート着用促進キャンペーンの実施

2017年9月25日(月曜日)

「カチッと100!」を合言葉に、シートベルト・チャイルドシート着用率100%を目指して、新共栄橋南交差点においてキャンペーンを実施しました。瀬戸警察署、瀬戸市役所のほか瀬戸交通安全協会、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブ、瀬戸高齢者交通安全協力員の参加を得て、のぼり旗、サイン板により通行車両等に対しシートベルト、チャイルドシートの全席着用を呼びかけました。

nimannin0925

~管内事業所も参加しました~「県下一斉2万人参加交通大監視」の実施

2017年9月25日(月曜日)

管内の2事業所の参加を得て、県下一斉2万人参加交通大監視を実施しました。
管内主要交差点をはじめ、今月24日に発生した薬師町地内で発生した重傷ひき逃げ事故現場、福元橋付近において、管内の2事業所がサイン板、のぼり旗により積極的に交通監視に参加し、通行車両等に交通事故防止を訴えました。

inshu0921

~飲酒運転四(し)ない運動実施中!~飲酒運転撲滅キャンペーンの実施

2017年9月21日(木曜日)

飲酒運転ゼロを目指し、記念橋交差点において飲酒運転撲滅キャンペーンを実施しました。瀬戸警察署、瀬戸市役所のほか瀬戸交通安全協会、瀬戸地域交通安全活動推進委員の参加を得て、のぼり旗、サイン板により通行車両、自転車、歩行者に対し飲酒運転の撲滅を呼びかけました。
【飲酒運転四(し)ない運動】
運転者は
・運転する時は酒を飲まない
・酒を飲んだら運転しない
家庭・地域では
・運転する人に酒をすすめない
・酒を飲んだ人に運転させない

jyodora0921

~秋の全国交通安全運動始まる~交通関連団体に対する交通安全講話の実施

2017年9月21日(木曜日)

秋の全国交通安全運動の初日、瀬戸警察署において瀬戸女性ドライバー安全運転クラブの定例会を開催し、交通課長が交通安全講話を実施しました。講話では、今月2日当署管内で発生した交通死亡事故の状況、問題点、安全運動の重点を説明しました。また、夜間の事故防止のため反射材配布を依頼しました。

itokyu0921

~全国の街を瀬戸のトラックが走ります~交通広報マグネットトラックが出発しました

2017年9月21日(木曜日)

愛知県トラック協会尾東支部及び管内運送事業所の協力を得て、「交通事故死今日もゼロの日」と題した広報マグネットを貼付したトラックの出発式を実施しました。出発に先立ち交通課長が県下の事故情勢、本日から始まる秋の全国交通安全運動の重点を話しました。
また、運動期間中、全国の街を広報トラックが走ります。
【秋の全国交通安全運動】
9月21日木曜日から9月30日土曜日まで
運動重点
○歩行中の子供と高齢者及び高齢ドライバーの事故防止
○夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の事故防止
○後部座席を含めた全席でのシートベルト、チャイルドシートの正しい着用
○飲酒運転の根絶

shupatushiki0920

~秋の全国交通安全運動に向けて~市役所と連携した交通安全出発式・広報活動の実施

2017年9月20日(水曜日)

9月21日から始まる「秋の全国交通安全運動」に先がけ、瀬戸市役所において交通安全出発式を実施しました。出発式には、瀬戸市長をはじめ、市議会副議長、瀬戸交通安全協会・安全運転管理協議会・交通安全活動推進委員・高齢者交通安全協力員の各代表が参加しました。終了後、白バイ、パトカー、瀬戸市広報車等による広報活動及び市民参加による街頭大監視活動を実施し、広く交通事故防止を呼びかけました。

dousengaitou0915

道泉連区の方々と駅前で交通安全を呼びかけました

2017年9月15日(金曜日)

尾張瀬戸駅改札口及び駅前道路で、道泉連区の高齢者交通安全協力員他多数の方々の協力を得て、街頭キャンペーンを実施しました。改札口では駅利用者に対しチラシや啓発品を配布し高齢者の保護を訴え、駅前道路では、のぼり旗、サイン板により通行車両等に対しシートベルトの着用推進、早めのヘッドライト点灯を呼びかけました。

koureisha0915

~自転車大会に向けて、さあ、練習だ!~自転車大会出場選手の自転車練習

2017年9月15日(金曜日)

今年11月に実施される交通安全高齢者自転車愛知県大会に向け、交通児童遊園「せとクルランド」において参加選手が初練習を行いました。選手は安全協会が選手用に用意したユニフォームを着用し、出発時の安全確認などの基本練習、ジグザグ走行などの高度な練習に真剣に取り組んでいました。

misonopia0915

~いつまでもお元気で!~交通課・生活安全課合同教室の実施

2017年9月15日(金曜日)

敬老の日を前に、管内の老人ホームにおいて、参加・体験・実践型交通安全教室、特殊詐欺等防止教室を実施しました。交通部・生活安全部合作DVD「きずな町物語」を上映し、教室では、参加者がモデルとなって、タスキ型反射材を着け、参加者がゴーグルライトを使用して夜間反射材の効果を確認し、効果的な活用法を学びました。また、最新の特殊詐欺の傾向と防止策にふれ、特殊詐欺の被害防止、交通事故防止を呼びかけました。

radio39

~電波に乗せて広まる交通安全!~交通課長が地元コミュニティラジオ局に出演し交通広報

2017年9月9日(土曜日)

交通課長が瀬戸市内のコミュニティラジオ局に出演しました。交通事故の発生状況、今年発生した3件の交通死亡事故の周知、愛知県知事より発令中の交通死亡事故多発警報、秋の全国交通安全運動における重点等について説明し、ラジオを通じて広く市民、県民に対して交通安全を呼びかけました。

setomonomaturi0909

~せともの祭に2日間で39万人来場!~緊急交通キャンペーンを行いました

2017年9月9日(土曜日)

愛知県では交通死亡事故が多発しており、また、瀬戸市内でも9月2日窯町地内において今年3件目の交通死亡事故が発生したことから、せともの祭催事ブースにおいて緊急交通キャンペーンを実施しました。ブースでは、白バイの展示、事故防止啓発チラシと反射材を配布し、来場者に交通事故防止を呼びかけました。また、このブースでは、瀬戸警察署の全課が参加し、広域緊急援助隊のユニフォーム、県下で暗躍する窃盗団の黒装束を展示し、警察の相談ダイヤル#9110、警察官採用、災害への注意喚起、特殊詐欺防止、暴力追放等の各種チラシ・啓発品を配布し、広く来場者に呼びかけました。

hanshazai0907

~事故に遭わない!起こさない!~グラウンドゴルフ練習場におじゃましました

2017年9月7日(木曜日)

早朝からグラウンドゴルフ練習中の高齢者に対して、夜間反射材の配布キャンペーンを実施しました。また、同時に今月発生した交通死亡事故の周知を目的に交通特報を配布し、高齢者の歩行中の事故、二輪車と四輪車の出合い頭事故の増加について説明し、交通事故防止を呼びかけました。

hachiman0907

~腹話術で交通安全!~元気にお約束できました

2017年9月7日(木曜日)

市内交通児童遊園「せとクルランド」において、来春新1年生にあがる市内の年長園児に対し、横断歩道における正しい横断方法の訓練に重点をおいた交通安全教室を実施しました。訓練に先立ち室内において腹話術などで交通ルールを学び、その後屋外の交通コースにおいて、手挙げ横断、雨傘での横断合図などを学びました。参加した園児らは、初めて見る腹話術に目を白黒させていました。また、交通コースでは、元気よく右手を挙げて訓練に励んでいました。

jichiteireikai0904

~今年3件目の交通死亡事故発生!~自治定例会における交通安全講話の実施

2017年9月4日(月曜日)

9月2日、瀬戸市内において、今年3件目の交通死亡事故が発生し、また、県下に交通死亡事故多発警報が発令されたことから、自治定例会において各連区自治会長に対し交通講話を実施しました。講話では、高齢者の歩行中の事故、二輪車と四輪車の出合い頭事故の増加について話し、また、夜間のハイビームと反射材の効果的活用法に触れ、各連区において事故防止広報を依頼しました。

teshingou0830

~有事に備えて!~手信号訓練の実施

2017年8月29日(火曜日)

災害等による信号機の滅灯などの有事に備え、8月29日から31日までの3日間、朝礼時に手信号の訓練を実施しました。信号機が滅灯し、又は点灯していても、警察官が手信号により交通整理をしていた時は、手信号に従って通行してください。
警察官の手信号は、
・警察官の姿が、正面又は背面に見えたら、その方向は「赤信号」
・警察官の右又は左側面が見えていたら、その方向は「青信号」
・警察官が両手を挙げていた時、手のひらの方向は「黄信号」、警察官の正面及び背面は「赤信号」
となります。

koseto0823

~反射材は明るい服装とセットで!~高齢者に対する参加・体験・実践型交通安全教室、特殊詐欺等防止講話の実施

2017年8月23日(水曜日)

管内居住の高齢者25名に対し参加・体験・実践型交通安全教室、特殊詐欺等防止講話を実施しました。交通事故防止、特殊詐欺等の防止について説明しました。また、たすき型反射材を用い、ゴーグルライトを使用した夜間反射材の効果を確認し、反射材を明るい服装とセットで使用するなど、効果的活用法を学びました。

shupatushiki0819

~8月19日はバイクの日~自治体等と連携した「交通安全出発式・広報パレード」の実施

2017年8月19日(土曜日)

8月19日バイクの日、二輪車の事故ゼロを目指し、瀬戸警察署において瀬戸市役所、瀬戸消防署、瀬戸交通安全協会、管内企業参加による交通安全出発式を実施しました。出発式終了後、パトカー、白バイが先導し、総勢バイク28台により道の駅まで交通安全パレードを実施し、県民、市民に対し二輪車の事故防止を訴えました。

kyanpen0819

~ヘルメット、正しく被ってグッドライダー!~瀬戸市役所と連携した二輪車事故防止キャンペーンの実施

2017年8月19日(土曜日)

二輪車の事故ゼロを目指し、道の駅において二輪車事故防止キャンペーンを実施しました。瀬戸市役所と連携し、8月9日発生の交通死亡事故の周知及びヘルメットの正しい着用を呼びかけるチラシを配布し、二輪車の事故防止を呼びかけました。

sankagoudou0812

~お盆期間中も無事故無被害で~3課合同検問の実施

2017年8月12日(土曜日)

平成29年8月9日、瀬戸市内東山町地内において交通死亡事故が発生したことから、事故の発生時間に合わせ、交通課、生活安全課、地域課の3課合同検問を実施しました。交通課では死亡事故発生チラシを、生活安全課、地域課では住宅対象侵入盗への注意チラシを配布し、通行車両等に注意を呼びかけました。

goudou0810

「山の日」にちなんだ寺院における3課合同キャンペーンの実施

2017年8月10日(木曜日)

8月11日の「山の日」にちなみ、市内寺院において登山者、参拝者に対し、地域課、交通課、警備課の3課合同キャンペーンを実施しました。地域課では、「山の事故防止」、交通課では、「8月9日に発生した交通死亡事故の周知及び交通事故防止」、警備課では「防災」を呼びかける各チラシを配布しました。また、地元駐在所員も参加し、行方不明者の情報を求めるチラシも配布しました。

roujikurabuyakuinkai

~反射材利用とシートベルト・チャイルドシート着用を広めて!~老人クラブ役員会における交通安全講話の実施

2017年8月8日(火曜日)

老人クラブ役員会において交通安全講話を実施しました。平成28年瀬戸市では8月に交通死亡事故が多発したことから、役員に対し県下の死亡事故発生現状、瀬戸市内での現状を説明し、夜間反射材の積極的な利用、シートベルト・チャイルドシートの着用促進について、各部会での広報を依頼しました。

防犯少年団キッズ隊

コノハキッズ防犯教室

2017年8月1日(火曜日)

平成29年度コノハキッズを瀬戸警察署に招いて、防犯教室を行いました。市内の危険個所についての意見発表、身を守るために必要な護身術や声を出す練習を行いました。

kouhanjitensha0805

~残った夏休みも無事故で!~見て・答えて・体験する 児童に対する自転車教室の実施

2017年8月5日(土曜日)

市内小学校において、市役所子ども家庭課交通児童遊園職員と連携し、児童に対する参加・体験型自転車教室を実施しました。
教室では、クイズにより自転車のルールを学び、また、実際に児童が参加し、自転車を用いて、基本ルールである「5つの左」を体験学習するなど、楽しく交通ルールを学び、残った夏休みの無事故を約束しました。
【5つの左】
1左側から乗る
2左足をつく、右足はペダルの上
3道路の左端を通る
4ブレーキは左からかける
5左側におりる

bonodoi0805

~「瀬戸音頭で交通安全!」~盆踊りに参加する高齢者対象反射材配布キャンペーンの実施

2017年8月5日(土曜日)

陶原公民館前グラウンドにおいて盆踊りに参加した高齢者に対し、夜間反射材を配布しました。配布時に高齢者の事故傾向を説明し、また、警察官から直接高齢者に反射材を取り付けるなどして、反射材の効果的な活用法を指導しました。盆踊りに参加した高齢者らは、手首に反射材を巻き付けて、元気良く瀬戸音頭を踊っていました。

mamatojitenssha0805

~ママもいっしょに勉強したよ!~自治体と連携した「親子自転車教室」の実施

2017年8月5日(土曜日)

瀬戸市交通児童遊園「せとクルランド」において交通児童遊園職員と連携し「親子自転車教室」を実施しました。自転車乗車前に保護者及び児童らに対し自転車の「5つの左」について説明をし、その後交通コース上において交通ルールの基本である「止まる」「見る」「待つ」について実践指導をしました。参加した保護者・児童らは強い日差しが降り注ぐ中、たくさん汗をかきながら、楽しく自転車のルールを学び、交通事故防止を誓いました。

【5つの左】
1左側から乗る
2左足をつく右足はペダルの上
3道路の左端を通る
4ブレーキは左からかける
5左側におりる

hashiwatashisakusen0804

~8月4日ははし(橋・箸)の日!~「交通安全橋(箸)渡し作戦」の実施

2017年8月4日(金曜日)

交通死亡事故ゼロを目指し、新共栄橋南交差点において、橋を渡るドライバー等に対し、「交通安全橋(箸)渡し作戦」を実施しました。瀬戸警察署、瀬戸市役所のほか瀬戸交通安全協会、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブ、管内企業の参加を得て、のぼり旗、サイン板により通行車両、自転車、歩行者に対し「交通死亡事故ゼロ」を呼びかけ、「交通安全橋(箸)渡し作戦」と題した箸1膳を配布し、交通事故防止を訴えました。

unkoiji0802

寺院における交通課・生活安全課合同キャンペーンの実施

2017年8月2日(水曜日)

昨年8月2日、瀬戸市内では一日で2件の交通死亡事故が発生したことから、「命日キャンペーン」と題して市内寺院において交通事故防止を呼びかけました。同時に、「夏の安全なまちづくり県民運動」に合わせて、特殊詐欺への注意も呼びかけました。

shougi0802

~命を守る必勝法は?それは反射材です!~将棋クラブに通う高齢者対象反射材配布キャンペーン

2017年8月2日(水曜日)

やすらぎ会館において将棋クラブに通う高齢者に対し、夜間反射材等交通安全啓発品を配布しました。道路横断時の注意点を説明し、また、反射材の効果的活用法を指導しました。

kurority0802

~「遠くに見えても車は速い!」~クロリティー教室に集う高齢者対象交通安全教室・反射材の配布

2017年8月2日(水曜日)

やすらぎ会館においてクロリティー(輪投げ)競技の練習のため集合した高齢者に対し、交通課長が道路の横断時の注意点、シートベルト、チャイルドシートの着用促進、反射材を活用した夜間の交通事故防止についての交通安全教室を実施しました。特に道路を横断する際には、「遠くに見えても車は速い!確実に車が止まるか、通過ぎるまで待ちましょう」と説明しました。また、左からの車に注意喚起するチラシと反射材を配布しました。

setojikou0801

管内自動車学校とタイアップした交通安全広報活動の実施

2017年8月1日(火曜日)

管内自動車学校及び同学校にインターンシップ活動のため訪れた県立高校生6名と共に信号交差点において交通安全広報活動を実施しました。横断幕、のぼり旗、サイン板により通行車両等に対し、夜間のハイビーム使用、シートベルト・チャイルドシートの着用を呼びかけました。

kuroity0731

~「自分の身は自分で守ろう!」~クロリティー教室に集う高齢者対象交通安全講話・反射材の配布

2017年7月31日(月曜日)

やすらぎ会館においてクロリティー(輪投げ)競技の練習のため集合した高齢者に対し、交通課長が「カチッとベルト!ピカッと反射材!」を愛言葉に、出張型交通安全講話を実施しました。シートベルト、チャイルドシートの着用促進、反射材を活用した夜間の交通事故防止、道路横断時の注意点について講話し、左からの車に注意喚起するチラシと反射材を配布しました。

kisaidai

~「交通事故STOP作戦」~書類記載台での交通安全広報の実施

2017年7月27日(木曜日)

瀬戸警察署では、交通課免許棟において、書類記載台のデスクマット内に、将棋の駒をデザインした「交通事故STOP」と題した広報紙を配置し、免許手続き等に訪れた県民・市民に対し、広く交通事故防止を呼びかけています。

shimyureter

~市民の模範となるよう運転のスキルアップを目指して!~署員に対するドライブシミュレーター講習会の実施

2017年7月19日(水曜日)

瀬戸警察署では、7月19日から21日の3日間、署員に対し市民の模範となるよう運転のスキルアップを目指して、ドライブシミュレーターによる交通安全講習会を実施しました。参加した署員らは、真剣な面持ちでハンドルを操作していました。

beruto0720

~愛言葉は「カチッと100!」着用率100%を目指して!~シートベルト・チャイルドシート着用促進キャンペーンの実施

2017年7月20日(木曜日)

「カチッと100!」を愛言葉に、シートベルト・チャイルドシート着用率100%を目指して、新共栄橋南交差点においてキャンペーンを実施しました。瀬戸警察署、瀬戸市役所のほか瀬戸交通安全協会、瀬戸女性ドライバー安全運転クラブ、瀬戸高齢者交通安全協力員、管内事業所の社員らの参加を得て、のぼり旗、サイン板により通行車両等に対し着用の促進を呼びかけました。