ホーム > 県警について > 所在地 > 地図から探す > 設楽警察署 > 設楽警察署管内の交通事故発生状況

設楽警察署  

ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

設楽警察署管内の交通事故発生状況

町村別の交通事故発生状況

町村名

設楽町

東栄町

豊根村

合計

種別/期間

8月中

年累計

8月中

年累計

8月中

年累計

8月中

年累計

人身事故発生件数

2

12

1

10

0

1

3

23

死者数

0

0

0

0

0

0

0

0

負傷者数

3

16

2

16

0

2

5

34

物損交通事故件数

17

114

10

70

3

33

30

217

事故総数

19

126

11

80

3

34

33

240

秋の全国交通安全運動

これから日没が日増しに早くなってくることから、運転者にとっては歩行者や自転車の動きが見えにくくなってきます。
さらに、夕暮れ時から夜間にかけては交通量が多くなることから、歩行者や自転車が事故に遭う危険性が高まります。

ライト・オン運動の推進

平成14年度から愛知県が推進している夕暮れ時の前照灯早め点灯運転で、日没の概ね1時間前に前照灯の点灯を促す運動です。(雨天・曇天の視界不良時は昼間でも点灯)

薄暮時には事故が多く発生していますので、早めにライトを点灯し、自分の車の存在を知らせるようにしましょう。

【前照灯早め点灯時刻の目安】

9月

10月

11月

12月

17時00分

16時30分

16時00分

16時00分

夜間における「ハイビーム」の活用

視認性の悪い夜間における交通死亡事故などの重大事故の発生は後を絶ちません。

そこで夜間におけるドライバーの視認性を向上させ、歩行者などとの交通事故を防止するため、対向車や先行車がいない場合は、ハイビームを適切に活用しましょう。

  • 前照灯は、交通量の多い市街地などを通行すているときを除き、ハイビームにして歩行者などを少しでも早く発見するようにしましょう。
  • 見通しの悪い交差点やカーブなどの手前では、前照灯をハイビームにするか点滅させて、ほかの車や歩行者に交差点への接近を知らせましょう。

 

薄暮