ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 障害福祉課 > 地域生活体験モデル事業「出前講座」を希望する施設等を募集します!

本文

地域生活体験モデル事業「出前講座」を希望する施設等を募集します!

ページID:0347507 掲載日:2022年6月3日更新 印刷ページ表示
10 人や国の不平等をなくそう

 愛知県では、施設で暮らす障害のある方や御家族と同居されている障害のある方に、グループホームでの暮らしや一人暮らしを模擬体験していただくため、地域生活体験モデル事業を実施します。


 この事業の実施に当たり、障害のある方や御家族、支援者などを対象として、御希望の場所に社会福祉法人AJU自立の家(県委託先)の職員(コーディネーター等)が出向いて事業の説明等を行う「出前講座」を実施します。「出前講座」を希望する方は、是非お申込みください。

1 出前講座の概要

(1) 対象

  障害者支援施設、障害児入所施設、特別支援学校、障害のある当事者団体、障害のある方を支援する団体、相談支援事業所 等

(2) 派遣先

 県内の御希望の場所(オンラインによる開催も対応可能です。)
    ※ 会場は、申込者が用意してください。

(3) 派遣期間

 2022年6月6日(月曜日)から2023年2月13日(月曜日)まで

(4) 派遣講師

 社会福祉法人AJU自立の家(県委託先)職員
  ・地域生活体験モデル事業の調整を行うコーディネーター
  ・入所施設を退所後、地域で暮らす障害のある方、ピアカウンセラー(障害当事者である相談員) 等

(5) 出前講座の内容

  ・地域生活体験モデル事業の目的、募集要項の説明
  ・施設入所経験のある障害のある方の体験講話
  ・個別相談

(6) 所要時間

 1時間30分を予定していますが、御希望により時間を調整することもできます。

(7) 費用

 講師派遣料は無料です。会場使用料やオンラインに要する経費については、申込者で御負担ください。

(8) 申込方法

 下記「3 問合せ先」に御連絡ください。

 

2 地域生活体験モデル事業の概要

(1)  目的

 障害者施設入所者(児)や在宅で暮らす障害者(児)の地域移行を推進するため、地域移行を希望する施設入所者等の方に、グループホーム等で地域生活を体験する機会の提供を行います。

(2) 事業内容

 1泊2日から4泊5日までの間で、ヘルパー等の支援を受けながら、参加者の希望する暮らしやニーズ、個々の障害の状況に応じた日常生活や余暇活動、外出等を体験します。

(3) 対象

  ・県内市町村から支給決定を受けて県内の障害者支援施設に入所している方
  ・県児童(・障害者)相談センターから措置又は入所給付を受けて障害児入所施設に入所している方
  ・県内にお住まいの障害のある方(一人暮らしの方やグループホームにお住まいの方を除きます。また、未成年者の場合は、親権者の承諾が必要です。)

(4) 宿泊場所

 社会福祉法人AJU自立の家 サマリアハウス(名古屋市昭和区恵方町2-15)、民間アパート、参加者の御自宅等(実施場所は、参加者と相談の上、決定します。)

(5) 参加費

 原則として無料ですが、し好品や外食費、交通費等については、一部自己負担が発生することがあります。

(6) 参加方法

 「3 問合せ先」にお問合せください。

 

3 問合せ先

 出前講座の申込みや御相談、地域生活体験モデル事業に関する御質問は、社会福祉法人AJU自立の家(県委託先)までお問合せください。

 社会福祉法人AJU自立の家 サマリアハウス
 
  ・住所 名古屋市昭和区恵方町2-15
  ・電話 052-841-5554
  ※午前9時から午後6時まで
    日曜日、2022年12月29日(木曜日)から2023年1月3日(火曜日)までを除く。
  ・FAX 052-841-2221
  ・E-mail samaria@aju-cil.com

このページに関する問合せ先

愛知県福祉局福祉部障害福祉課
地域生活支援グループ
電話:052-954-6292(ダイヤルイン)
メール:shogai@pref.aichi.lg.jp