ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 災害対策課 > 「激甚化する気象の実態 防災講演会あいち」の参加者を募集します

本文

「激甚化する気象の実態 防災講演会あいち」の参加者を募集します

ページID:0041211 掲載日:2022年11月1日更新 印刷ページ表示

 愛知県では、名古屋地方気象台及び名古屋市と連携し、防災関係機関、地域の防災リーダー、住民等を対象に、防災知識の普及啓発及び自然災害による被害の防止・軽減を図ることを目的として、下記のとおり講演会を開催します。
   つきましては、本講演会の参加者を募集しますので、お知らせします。自然災害による被害の防止・軽減に関心のある方は、是非、御参加ください。

1 日時 
     2022年12月11日 日曜日 午後1時30分から午後4時30分まで(午後1時開場)

2 場所
   名古屋市鯱城(こじょう)ホール
 (名古屋市中区栄一丁目23番13号 伏見ライフプラザ5階)                              
  会場に関する問合せ先:名古屋市高年大学鯱城学園事務室 052-222-7521

3  内容
 〇 第1部
   演題:「異常気象の変化を踏まえた気象情報の利用」
   講師:名古屋地方気象台 台長 中三川 浩(なかみがわ ひろし) 

 〇 第2部
   演題:「激甚災害をもたらす台風の実態と地球温暖化に伴う将来変化」
   講師:名古屋大学宇宙環境研究所教授 兼 横浜国立大学先端科学高等研究院
      台風科学技術研究センター副センター長 坪木 和久(つぼき かずひさ) 氏

4 参加費
     無料

5 対象
     防災関係機関、地域の防災リーダー、一般県民

6 定員
     280人(要事前申込み、申込先着順)

7 申込方法
(1)申込先
     名古屋地方気象台防災事務室
     電話番号:052-751-5124(平日午前9時から午後5時まで)
(2)申込方法
     申込先着順とし、11月10日木曜日午前9時から電話で申込みを受け付け、定員に達し
     次第締め切ります。

8 主催
   名古屋地方気象台、愛知県、名古屋市

9 その他                                                     (1)会場ではマスクの着用をお願いします。
(2)体調不良の場合は、御来場をお控えください。
(3)手話通訳の対応があります。
(4)新型コロナウイルス感染拡大の状況や、大雨・地震等により中止とすることがあります。
    その際は、名古屋地方気象台のホームページ及び愛知県防災安全局Twitterによりお知ら
    せします。 

 ・名古屋地方気象台のホームページ
  https://www.jma-net.go.jp/nagoya/index.html
 ・愛知県防災安全局Twitter
  @aichi_bousai

 

<参考>講師紹介
〇名古屋地方気象台長 中三川 浩 (なかみがわ ひろし)
 昭和62年(1987年)気象大学校卒業
 平成11年(1999年)気象庁気候情報課調査官・予報官等
           (異常気象監視、長期予報業務を歴任)
 平成22年(2010年)函館海洋気象台観測予報課長
 平成24年(2012年)気象庁気候情報課気候リスク対策官等
           (気候情報利活用、管理業務を歴任)
 平成31年(2019年)釧路地方気象台長
 令和 2年(2020年)気象庁気候情報課異常気象情報センター所長
 令和 3年(2021年)名古屋地方気象台長

〇名古屋大学宇宙地球環境研究所教授 兼 横浜国立大学先端科学高等研究院
 台風科学技術研究センター副センター長 坪木 和久 (つぼき かずひさ) 氏
  理学博士。専門は気象学。
  北海道大学理学部卒、同大学大学院理学研究科修了、日本学術振興会特別研究員
  (北海道大学低温科学研究所)、東京大学海洋研究所助手、名古屋大学大気水圏
  科学研究所助教授名古屋大学地球水循環研究センター助教授、准教授、教授を
  経て現在に至る。
  台風や豪雨を主に研究。数値シミュレーションと共に、航空機を用いた台風の観
  測を行っている。著書に「激甚気象はなぜ起こる」、新潮選書。

  防災講演会あいち チラシ [PDFファイル/447KB]
   

このページに関する問合せ先

愛知県防災安全局防災部災害対策課
災害対策グループ
担当:松浦、中野
電話:052-954-6193
内線:2511、2512

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)